電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-27 14:00
無線ネットワーク符号化を用いた双方向協力中継における適応的な資源スケジューリング法
単 麟村田英一京大)・ソニヤ アイサケベック大)・吉田 進京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信システムのスループットを向上するため,協力中継とネットワーク符号化が無線双方向伝送技術として注目されている.ネットワーク符号化を用いる双方向協力通信の課題として,双方向のトラヒックが非対称な時に,双方向通信の総スループットが大きく低下することがある.本研究では,その課題を解決するため,二つの技術を適応的に選択する双方向協力通信ための新しい資源スケジューリング法が提案され,中継局の位置及びトラヒック特性が双方向通信の総スループットに与える影響が評価されている.結果として,提案手法は従来方式より高いスループットを達成し,非対称トラヒックに対応可能であることが示されている. 
(英) With the purpose of improving the performance of next generation wireless networks, cooperative relaying (CoR) and network coding (NC) are promising techniques for bi-directional or two-way transmission.
Network coding can reduce the number of bi-directional transmission slots compared to CoR, which results in higher total throughput enhancement. However, the asymmetric traffic condition has significant impact on the bi-directional throughput of NC. In order to improve the throughput of NC even under asymmetric traffic condition, two opportunistic hybrid NC and CoR schemes are proposed in the present paper. In the proposed schemes, adaptive time resource allocation is realized for each transmission protocol, and the impact of the traffic ratio and the relay position on the throughput is investigated. Simulation results reveal that the proposed schemes not only achieves higher throughput than the conventional scheme but are also robust against asymmetric traffic conditions.
キーワード (和) 協力中継 / ネットワーク符号化 / 適応スケジューリング / 非対称トラヒック / / / /  
(英) cooperative relaying / network coding / opportunistic scheduling / asymmetric traffic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-109, pp. 13-18, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-109 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 無線ネットワーク符号化を用いた双方向協力中継における適応的な資源スケジューリング法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Opportunistic Resource Scheduling for Bi-directional Cooperative Relaying Network Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協力中継 / cooperative relaying  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク符号化 / network coding  
キーワード(3)(和/英) 適応スケジューリング / opportunistic scheduling  
キーワード(4)(和/英) 非対称トラヒック / asymmetric traffic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 単 麟 / Lin Shan / タン リン
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ソニヤ アイサ / Sonia Aissa / ソニヤ アイサ
第3著者 所属(和/英) ケベック大学 (略称: ケベック大)
INRS-EMT University of Quebec (略称: Quebec Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-27 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-109 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会