電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-27 13:50
WLAN技術によるTVホワイトスペースの活用とアップコンバージョン型RFフロントエンドの提案
松村 武原田博司NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 屋内環境下におけるTV ホワイトスペースの活用方法の一つに,IEEE 802.11b をベースにした無線通信システムが考えられる.その実現のためにはRF フロントエンドの帯域可変化が必須であり,特にバンドパスフィルタの帯域可変化が重要な要素技術となる.本稿では,ダイレクトコンバージョン方式に適用する帯域可変フィルタの問題点を指摘し,それを解決する方法としてアップコンバージョン型RF フロントエンドを提案する. 
(英) A wireless communication system based on IEEE 802.11b is proposed as a utilization method of the TV white space under the indoor environment. To achieve it, a band tunable RF font-end architecture is strongly required and, especially, a tunable band-pass filter is a key component in it. In this paper, we describe problems of the tunable band-pass filter applied to a direct conversion system, and propose an up-conversion type RF front-end architecture to solve such problems.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 周波数共用型 / TVホワイトスペース / 帯域可変フィルタ / / / /  
(英) Cognitive Radio / Spectrum Sharing / TV White-space / Tunable Filter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-43, pp. 19-23, 2010年10月.
資料番号 SR2010-43 
発行日 2010-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) WLAN技術によるTVホワイトスペースの活用とアップコンバージョン型RFフロントエンドの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Up-conversion Type RF Front-end for TV White-space Wireless Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) 周波数共用型 / Spectrum Sharing  
キーワード(3)(和/英) TVホワイトスペース / TV White-space  
キーワード(4)(和/英) 帯域可変フィルタ / Tunable Filter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 武 / Takeshi Matsumura / マツムラ タケシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-27 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-43 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SR-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会