電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-27 13:10
MMSE規範に基づく周波数領域等化器の量子化誤差の影響
富田俊輔三宅裕士小松和寛東北大)・小熊 博宮城県)・飯塚 昇ソフトバンクテレコム)・谷藤正一亀田 卓末松憲治高木 直坪内和夫東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代移動体通信システムとして,周波数領域等化器(FDE)を用いたシングルキャリア(SC)伝送方式が注目されている.
FDE回路には,高速フーリエ変換や除算回路が必要となり,回路面積が増大する.
回路面積を削減するためには,量子化bit数の削減が必要である.
一方,量子化bit数が不足することで,BER (Bit Error Rate)特性の劣化が生じる.
本研究では,量子化bit数の減少によるBER特性の劣化特性とFDE回路規模のトレードオフを考慮した設計を行った.
量子化誤差の影響を考慮したBERシミュレーションを通してFDEの量子化bit数は13bit以上が必要であることを明らかにした. 
(英) In next generation mobile communication systems, Single-Carrier (SC) transmission using frequency domain equalizer (FDE) is an important technique.
Since FDE needs fast Fourier transmissions (FFT) and divisions circuits, circuit size of FDE becomes large.
For reducing size of FDE circuit, cutting quantization bits is necessary.
But, shortage of quantization bits makes degradation of bit error rate (BER) performance because of quantization error.
In this paper, FDE circuit is designed with considering trade off between size reduction effect of quantization bits and degradation of BER performance.
Through BER simulation with quantization error, over 13 bit are necessary number of quantization bits in FDE system.
キーワード (和) 周波数領域等化 / 量子化誤差 / シングルキャリア伝送 / / / / /  
(英) Frequency Domain Equalizer / Quantization Error / Single-Carrier transmission / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 252, SR2010-41, pp. 7-12, 2010年10月.
資料番号 SR2010-41 
発行日 2010-10-20 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MMSE規範に基づく周波数領域等化器の量子化誤差の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantization Error Influence of Frequency Domain Equalizer based on MMSE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency Domain Equalizer  
キーワード(2)(和/英) 量子化誤差 / Quantization Error  
キーワード(3)(和/英) シングルキャリア伝送 / Single-Carrier transmission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 富田 俊輔 / Shunsuke Tomita / トミタ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 裕士 / Yuji Miyake / ミヤケ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小松 和寛 / Kazuhiro Komatsu / コマツ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小熊 博 / Hiroshi Oguma / オグマ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 宮城県 (略称: 宮城県)
Miyagi Prefecture (略称: Miyagi Prefecture)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 昇 / Noboru Izuka / イイズカ ノボル
第5著者 所属(和/英) ソフトバンクテレコム (略称: ソフトバンクテレコム)
Softbank Telecom Corp. (略称: Softbank Telecom)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷藤 正一 / Shoichi Tanifuji / タニフジ ショウイチ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第8著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第9著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第10著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-27 13:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-41 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会