電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-27 13:40
Interference Mitigation and Capacity Tradeoff in CoMP with Limited Feedback
Prasertsak CharoenTomoaki OhtsukiKeio Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In universal frequency reuse downlink cellular systems, interference from neighboring cells degrade the system capacity particularly for user in cell edge area. Base station(BS) cooperation is a promising technique to mitigate inter-cell interference in multi-cell cellular network by coordination among BSs. With limited feedback, BS can maximize the capacity of edge user, which subject to the inter-cell interference, by informed the interfering BS to use precoding which generates least interference to the edge user. However, it can also resulting in significant reductions in the interfering BS's center user capacity. As in conventional single-cell beamforming, the interfering BS can maximize the signal power at a desired receiver. In this paper, the tradeoff between edge user and center user capacity is realized by using chordal distance metric to find the precoding for the interfering BS. In this way, we can achieve compromise between minimizing interference to edge user and maintaining good center user capacity.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Base station cooperation / Interference mitigation / CoMP / Limited feedback / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-108, pp. 7-12, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-108 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Interference Mitigation and Capacity Tradeoff in CoMP with Limited Feedback 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Base station cooperation  
キーワード(2)(和/英) / Interference mitigation  
キーワード(3)(和/英) / CoMP  
キーワード(4)(和/英) / Limited feedback  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ジャルーン プラサートサック / Prasertsak Charoen /
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-27 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-108 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会