電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-27 14:20
The potential of Chinese airborne X- band PolInSAR data for forest parameters estimation
Chen JiehongCAS/Graduate Univ. of Chinese Academy of Sciences)・Zhang HongWang ChaoCAS)・Jiang KaiEast China Research Inst. of Electronic EngineeringSANE2010-75
抄録 (和) In this paper the potential of airborne single baseline high resolution X band polarimetric radar interferometry (PolInSAR) data for forest parameters estimation is investigated. The PolInSAR data were acquired by East China Research Institute of Electronic Engineering, CETC, over the test site near Sanya city, Hainan Province of China with temporal baseline equaling to 0.
To quantify the PolInSAR information about forest contained in X band data, some L band classical algorithms for vegetation parameters estimation, i.e. ESPRIT technique, the hybrid method of ESPRIT and three stages procedure, and RV model are applied to X band data. The results are compared with in situ measurements. The forest height retrieved by ESPRIT algorithm is 13.8m and retrieved by hybrid method is 14.9m; both of them are close to insitu measurements. The tree height is overestimated in order of 5.5m by RV model. The experiment results demonstrate that Chinese airborne X band PolInSAR data could be used to retrieve forest height. 
(英) In this paper the potential of airborne single baseline high resolution X band polarimetric radar interferometry (PolInSAR) data for forest parameters estimation is investigated. The PolInSAR data were acquired by East China Research Institute of Electronic Engineering, CETC, over the test site near Sanya city, Hainan Province of China with temporal baseline equaling to 0.
To quantify the PolInSAR information about forest contained in X band data, some L band classical algorithms for vegetation parameters estimation, i.e. ESPRIT technique, the hybrid method of ESPRIT and three stages procedure, and RV model are applied to X band data. The results are compared with in situ measurements. The forest height retrieved by ESPRIT algorithm is 13.8m and retrieved by hybrid method is 14.9m; both of them are close to insitu measurements. The tree height is overestimated in order of 5.5m by RV model. The experiment results demonstrate that Chinese airborne X band PolInSAR data could be used to retrieve forest height.
キーワード (和) forest height / X-band / PolInSAR / ESPRIT / hybrid method / RV model / /  
(英) forest height / X-band / PolInSAR / ESPRIT / hybrid method / RV model / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 250, SANE2010-75, pp. 43-46, 2010年10月.
資料番号 SANE2010-75 
発行日 2010-10-20 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2010-75

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) Ramada Hotel, 済州島(韓国) 
開催地(英) Ramada Hotel, Jeju-do, Korea 
テーマ(和) ICSANE 2010 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
テーマ(英) ICSANE 2010 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2010-10-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The potential of Chinese airborne X- band PolInSAR data for forest parameters estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) forest height / forest height  
キーワード(2)(和/英) X-band / X-band  
キーワード(3)(和/英) PolInSAR / PolInSAR  
キーワード(4)(和/英) ESPRIT / ESPRIT  
キーワード(5)(和/英) hybrid method / hybrid method  
キーワード(6)(和/英) RV model / RV model  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Chen Jiehong / Chen Jiehong /
第1著者 所属(和/英) CAS/Graduate University of Chinese Academy of Sciences (略称: CAS/Graduate Univ. of Chinese Academy of Sciences)
CAS/Graduate University of Chinese Academy of Sciences (略称: CAS/Graduate Univ. of Chinese Academy of Sciences)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhang Hong / Zhang Hong /
第2著者 所属(和/英) CAS (略称: 中国科学院)
CAS (略称: CAS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Wang Chao / Wang Chao /
第3著者 所属(和/英) CAS (略称: 中国科学院)
CAS (略称: CAS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Jiang Kai / Jiang Kai /
第4著者 所属(和/英) East China Research Inst. of Electronic Engineering (略称: East China Research Inst. of Electronic Engineering)
East China Research Inst. of Electronic Engineering (略称: East China Research Inst. of Electronic Engineering)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-27 14:20:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2010-75 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.250 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会