電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-27 13:20
AF協調中継通信におけるゲーム理論を用いた中継送信電力の低減
山田拓也大槻知明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数中継器を備えたAF (Amplify-and-Forward) 協調中継通信では,「どの中継器が」,「どれほどの電力で」送信すべきかが問題である.従来研究は,スループットや信頼性の改善にのみ着目し,中継器選択とその中継器の送信電力を決定するものが大半であった.一方で,そのような通信品質を維持したまま,中継器の送信電力を低減させるような研究はこれまであまり報告されていない.本稿では,AF 協調中継通信システムにおける中継器の電力決定にゲーム理論を適用した新しい電力割り当て法を提案する.中継器をプレイヤー,送信電力を戦略とし,伝送路容量,ターゲットレート及び中継送信電力を考慮した効用関数設定により,スループット,信頼性及び省電力性の観点から,総合的に中継器選択及び電力決定を行う.計算機シミュレーションにより,通信品質(スループット,信頼性)と省電力性とのバランスの観点から,従来法と比較して提案法の有効性を示す. 
(英) Cooperative relay communication system has been studied as a way to improve reliability of networks compared to conventional direct transmission scheme, where networks can obtain effective spatial diversity gain by source node communicating with not only destination node but also with multiple relay nodes. We consider an amplify-and-forward (AF) cooperative relay communication systems with time-division multiple-access (TDMA).
In this system, there is a problem that which relay nodes should be selected and how much power should be allocated to the selected relay nodes. Most of conventional researches on this model have focused on only improving reliability or throughput, rather than saving power consumption of all over the network with maintaining such communication qualities. In this report, we propose a new power allocation scheme for multiple relay nodes using game theory that focuses on not only reliability and throughput but also power consumption. With computer simulation, we show that our proposed game theoretical approach has superiority to conventional optimal power allocation (OPA) scheme from the view point of the balance among three performances, i.e. reliability, throughput, and power consumption.
キーワード (和) 協調通信 / 中継通信 / AF / TDMA / 電力割り当て / ゲーム理論 / /  
(英) cooperative communication / relay system / AF / TDMA / resource allocation / game theory / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 251, RCS2010-107, pp. 1-6, 2010年10月.
資料番号 RCS2010-107 
発行日 2010-10-20 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AN USN SR RCS  
開催期間 2010-10-27 - 2010-10-29 
開催地(和) 大阪大学 
開催地(英) Osaka University 
テーマ(和) 無線分散ネットワークおよび一般 
テーマ(英) Wireless distributed network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-10-AN-USN-SR-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AF協調中継通信におけるゲーム理論を用いた中継送信電力の低減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power Saving Using Game Theory for AF Cooperative Relay Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協調通信 / cooperative communication  
キーワード(2)(和/英) 中継通信 / relay system  
キーワード(3)(和/英) AF / AF  
キーワード(4)(和/英) TDMA / TDMA  
キーワード(5)(和/英) 電力割り当て / resource allocation  
キーワード(6)(和/英) ゲーム理論 / game theory  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 拓也 / Takuya Yamada /
第1著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki /
第2著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-27 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-107 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.251 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会