お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-23 13:30
[招待講演]人-ロボット相互作用に向けた脳型システムのリアルタイム実験系の構築
我妻広明九工大NC2010-45
抄録 (和) 様々な工業技術が現存する中で脳型システムが今後期待される分野は,実社会や家庭など変化する環境で,人との相互作用が要求される場であろう.そこで,これまで得られてきた個々の脳機能に注目した理論・実験における研究成果を,脳―身体―環境の循環系で実験検証する枠組みが重要であると考える.本研究では,脳型情報処理を,特に時間性に注目してシステム化とロボット実装を進めることで,実環境や状況において要求される動作実行のタイミングや脳内回路の連携の柔軟性の解明に取り組む方法論を提案し,ロボット実験系構築の具体性,問題点,展望について言及する. 
(英) The brain is capable of various cognitive functions in perception and action, and the functions appear in a system-environmental loop, through the brain, body and environment. In studies of the robotics and artificial intelligence, the notion of the embodiment was highlighted in the last decade, which encourages a viewpoint of the relationship between the agent and the environment. However, the peripheral and central nervous systems are hierarchically organized in time and space. Ignoring of such complex organization, a priori separation of the agent from the environment misses the most important point of how the brain exhibits a single entity such as the self as a consequence of cooperation among distributed autonomous components. We propose here a research approach of the brain-based robotics, which focuses on the process of how independent autonomous components cooperatively works in the context of a task accomplishment in the real world. It therefore requires a construction of robotic systems with the real-time interaction between the simulator of internal neuronal models and environmental changes. The on-line simulator system transmits and receives data from the robot body so that it offers a way to investigate coordination mechanisms in human-robot interactions. This synthetic approach may help understanding brain functions in a social environment and a prototype of self-conscious in human developmental process.
キーワード (和) アフォーダンス / 身体性 / 実時間シミュレータ / 神経振動 / 脳型デバイス / / /  
(英) Affordance / Embodiment / Real-time simulator / Neural synchronization / Brain-based device / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 246, NC2010-45, pp. 17-22, 2010年10月.
資料番号 NC2010-45 
発行日 2010-10-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2010-45

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2010-10-23 - 2010-10-23 
開催地(和) 九工大(北九州学研都市) 
開催地(英) Kyushu Inst. Tech. (Kitakyushu Sci. and Res. Park) 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装とシステム化,一般 
テーマ(英) Implementation and Systemization of Neurocomputing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-10-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 人-ロボット相互作用に向けた脳型システムのリアルタイム実験系の構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental platform of brain-based robots toward human-robot real-time interactions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アフォーダンス / Affordance  
キーワード(2)(和/英) 身体性 / Embodiment  
キーワード(3)(和/英) 実時間シミュレータ / Real-time simulator  
キーワード(4)(和/英) 神経振動 / Neural synchronization  
キーワード(5)(和/英) 脳型デバイス / Brain-based device  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 我妻 広明 / Hiroaki Wagatsuma / ワガツマ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-23 13:30:00 
発表時間 50 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2010-45 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.246 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2010-10-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会