電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-22 10:35
MoPaCo:単眼カメラを用いた運動視差映像コミュニケーションシステム
石井 亮小澤史朗能登 肇向内隆文松浦宣彦NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 一般的な映像コミュニケーションシステムでは,映像が2次元表示されるため,奥行きなどの視覚的情報が大きく欠如し,コミュニケーションに重要な非言語情報や空間情報が失われる.そのため,奥行きを持った映像表現が重要である.自然で正しい奥行き表現を行うためには,人間の頭部動作に合わせた運動視差を与える手法が有効であると考えられる.本研究では,単眼カメラと2次元ディスプレイという一般的な映像コミュニケーションシステムと同等な構成で,ユーザの視点位置に合わせて運動視差を付与し,奥行きを知覚可能な映像を視聴できる映像コミュニケーションシステムシステムの提案を行い,さらに実装結果について報告する. 
(英) With a video communication system using an ordinary 2D display, visual information such as depth is largely absent so there is a lack of nonverbal information such as inter-personal distances, gaze, and pointing gestures which are important for communication, as well as information associated with depth such as spatial information. For that reason, in order to present correct depth information in a natural manner, it is absolutely essential and effective to provide motion parallax that follows the head movements of the user. In this study, we propose a pseudo 3D video communication system that imparts motion parallax which adjusts to the viewpoint position of the user and enables the user to view video pictures in which depth can be perceived, with an ordinary equipment setup, namely a monocular camera and a 2D display.
キーワード (和) 映像コミュニケーション / 運動視差 / 奥行き知覚 / 対人距離 / 存在感 / / /  
(英) Video Communication / Motion Parallax / Depth Perception / Inter-personal Distance / Telepresence / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 238, MVE2010-65, pp. 73-78, 2010年10月.
資料番号 MVE2010-65 
発行日 2010-10-14 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2010-10-21 - 2010-10-22 
開催地(和) とかちプラザ(帯広) 
開催地(英) Tokachi Plaza (Obihiro) 
テーマ(和) 複合現実感,仮想都市(VR学会SIG-MR, SIG-CS, HI学会SIGVRと共催) 
テーマ(英) Mixed Reality, Cyber Space, etc (with VRSJ SIG-CS, VRSJ SIG-MR, and HIS SIGVR) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2010-10-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MoPaCo:単眼カメラを用いた運動視差映像コミュニケーションシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MoPaCo: Real-time Video Communication System with Motion Parallax using Monocular Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 映像コミュニケーション / Video Communication  
キーワード(2)(和/英) 運動視差 / Motion Parallax  
キーワード(3)(和/英) 奥行き知覚 / Depth Perception  
キーワード(4)(和/英) 対人距離 / Inter-personal Distance  
キーワード(5)(和/英) 存在感 / Telepresence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 亮 / Ryo Ishii / イシイ リョウ
第1著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 史朗 / Shiro Ozawa / オザワ シロウ
第2著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 能登 肇 / Hajime Noto / ノト ハジメ
第3著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 向内 隆文 / Takafumi Mukouchi / ムコウチ タカフミ
第4著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 宣彦 / Norihiko Matsuura / マツウラ ノリヒコ
第5著者 所属(和/英) NTTサイバースペース研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-22 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2010-65 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.238 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2010-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会