お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-15 11:10
エリア隣接性を考慮したP2Pルーティング方式の提案
小林久美子日本無線)・イ グスティ バグス バスカラ ヌグラハ森田啓義電通大IN2010-72
抄録 (和) 都市部において移動ノードが収集した情報を有効活用するため,情報を収集した場所に着目し地理的な位置情報(緯度,経度)をキーとして検索可能な分散管理システムにおいて,分散管理するエリア間の中継距離が従来法に比べて約$\frac{1}{2}$となるP2Pルーティング方式を提案する.提案方式は,システムエリア全体を格子状に分割したエリア間P2Pネットワークにおいて用いる.各エリアには移動ノードが取得した情報を管理するノードを1つ配置する.各ノードは緯度,経度方向の2つの論理的ルーティングテーブルを用いて位置情報に基づく情報検索を行う.ノード数$N$のシステムにおいて,各ノードはサイズ${\rm log}N$の論理的ルーティングテーブルを持つ.P2Pルーティングにおけるエリア隣接性性能評価には,検索ホップ時にたどるエリア間距離の合計「中継距離」を用いる.検索ホップ数と中継距離の期待値の一般式を導出し,他P2Pルーティング方方式(Chord,Kademlia) との性能比較を行なった.その結果,提案方式によれば,格子状エリアにおける隣接性を考慮したP2Pルーティングにより,検索性能はChordやKademliaと同等でありながら,平均中継距離はChordに対して約 $\frac{1}{2}$,Kademliaに対して約$\frac{2}{3}$と改善することが分かった. 
(英) In this paper we propose a new P2P routing system based on neighboring areas in Manhattan distance for location-related information system that
collects and manages information gathered by mobile nodes in urban areas.
The system uses area stations placed on several locations where each station manages location-related information on a designated non-overlapping area.A station searches and retrieves location-related information of other areas by using the latitude and longitude oordinates as key.The stations communicate each other by using P2P protocol,where each station maintains two distributed routing table to enable stations to search for and retrieve location-related information of other places.
In the system with $N$ stations,each station has a routing table of size ${\rm log}N$.We derive formulas on the average of the query path and relay distance,which is the total distance of inter-area on query path,
of our system, Chord, and Kademlia. Our results show that the average path length of the all three systems are the same, while the average relay distance of our system is about $\frac{1}{2}$ and $\frac{2}{3}$
shorter than Chord and Kademlia, respectively.
キーワード (和) 位置情報 / P2P / 分散管理 / エリア隣接性 / / / /  
(英) Location-related Information / Peer-to-Peer / Distributed Management / neighboring areas / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 224, IN2010-72, pp. 39-44, 2010年10月.
資料番号 IN2010-72 
発行日 2010-10-07 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-72

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2010-10-14 - 2010-10-15 
開催地(和) 名古屋工業大学 
開催地(英) Nagoya Institute of Technology 
テーマ(和) ネットワークミドルウェア、仮想化技術、グリーニング技術、Webサービス、インターネットサービス、ユビキタスサービス、ソーシャルネットワーク、センサネットワークおよび一般 
テーマ(英) Network middleware, Virtualization, Greening, Web service, Internet service, Ubiquitous service, Social network, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-10-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エリア隣接性を考慮したP2Pルーティング方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of a P2P Routing Based on Neighboring Areas 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 位置情報 / Location-related Information  
キーワード(2)(和/英) P2P / Peer-to-Peer  
キーワード(3)(和/英) 分散管理 / Distributed Management  
キーワード(4)(和/英) エリア隣接性 / neighboring areas  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 久美子 / Kumiko Kobayashi / コバヤシ クミコ
第1著者 所属(和/英) 日本無線株式会社 (略称: 日本無線)
Japan Radio Co.,Ltd. (略称: JRC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) イ グスティ バグス バスカラ ヌグラハ / I Gusti Bagus Baskara Nugraha / イ グスティ バグス バスカラ ヌグラハ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 啓義 / Hiroyoshi Morita / モリタ ヒロヨシ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-15 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-72 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.224 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2010-10-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会