お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-09 11:20
音声情報付きフローチャート触図自動変換ツールの開発
奥野貴行樋口宜男立命館大PRMU2010-105 SP2010-61 WIT2010-49
抄録 (和) 視覚障害を持つプログラマは触図を用いてフローチャートなどの図面情報を理解するが,触図上で文字は点字で記載されるために,中途失明者などの場合は内容の把握が困難である.そこで,触図には記号の輪郭線や接続線だけを記載し,各記号の処理内容は音声出力で案内する“音声情報付きフローチャート触図システム”の考案により,従来型のフローチャート触図の問題点の解決を図った.また,晴眼者用フローチャートをスキャンして得た画像データを,上記システムで用いる触図用の図面に自動的に変換するツールを開発し,図面作成の手間を大幅に削減した. 
(英) Though programmers with visual disabilities have to use tactile graphics to comprehend diagrams including flowcharts, more than half of them cannot understand their contents because they cannot read Braille on tactile graphics. The authors had developed tactile graphics system with explanation in voice to solve this problem, but it took a long time to create tactile graphics for this system. Recently, the authors have developed automatic conversion program from usual printed flowchart and succeeded in reducing time to create tactile graphics with explanation in voice.
キーワード (和) 視覚障害 / プログラマ / フローチャート / 触図 / 音声出力 / / /  
(英) visual disability / programmer / flowchart / tactile graphics / speech output / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 221, WIT2010-49, pp. 93-98, 2010年10月.
資料番号 WIT2010-49 
発行日 2010-10-01 (PRMU, SP, WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2010-105 SP2010-61 WIT2010-49

研究会情報
研究会 PRMU SP WIT  
開催期間 2010-10-08 - 2010-10-09 
開催地(和) 幕張メッセ(CEATEC会場) 
開催地(英)  
テーマ(和) 福祉と見守りのための画像・音声処理 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2010-10-PRMU-SP-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音声情報付きフローチャート触図自動変換ツールの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Conversion Program for Tactile Graphics of Flowchart with Explanation in Voice 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障害 / visual disability  
キーワード(2)(和/英) プログラマ / programmer  
キーワード(3)(和/英) フローチャート / flowchart  
キーワード(4)(和/英) 触図 / tactile graphics  
キーワード(5)(和/英) 音声出力 / speech output  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥野 貴行 / Takayuki Okuno / オクノ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 宜男 / Norio Higuchi / ヒグチ ノリオ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-09 11:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-PRMU2010-105,IEICE-SP2010-61,IEICE-WIT2010-49 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.219(PRMU), no.220(SP), no.221(WIT) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2010-10-01,IEICE-SP-2010-10-01,IEICE-WIT-2010-10-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会