電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-08 09:30
[ポスター講演]室内環境におけるOFDM信号伝送型UWB時空間チャネルサウンディング
杉崎大輔齊藤創一岩切直彦小林岳彦東京電機大WBS2010-29
抄録 (和) マイクロ波ベクトルネットワークアナライザはUWBチャネルサウンダとして多く用いられているが,スナップショット数が1回に限られること,複数到来波の相関が高くなることや送信信号が実際の無線システムと異なるといった問題がある.これに対して,帯域幅500 MHzのOFDM信号を参照信号とするUWB時空間チャネルサウンダを開発しアレーアンテナと組み合わせて,電波暗室にてTOA(time of arrival)とAOA(angle of arrival)を推定し,その有効性を実証してきた.本発表では,室内環境でのVNA及びOFDM信号伝送型UWB時空間チャネルサウンダによる,TOA及びAOAの推定結果を報告する. 
(英) Microwave vector network analyzer (VNA) has been widely used to as an ultra wideband (UWB) channel sounder. However, channel sounders using VNAs have some limitations: there is only one snapshot; and incoming waves tend to be strongly correlated due to sounding signals of sine waves. To overcome the above issues, a UWB spatio-temporal channel sounder, employing an orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) signal and a virtual array antenna, was developed along with a proposed technique for estimating time-of-arrival (TOA) and angle-of-arrival (AOA) of UWB OFDM signals. Comparison was carried out between the VNA- and the OFDM-based channel sounders in term of experimental estimation of TOAs and AOAs in an indoor three-path environment.
キーワード (和) UWB / チャネルサウンダ / TOA / AOA / OFDM / / /  
(英) UWB / Microwave vector network analyzer (VNA) has been widely used to as an ultra wideband (UWB) channel sounder. However, channel sounders using VNAs have some limitations: there is only one snapshot; and incoming waves tend to be strongly correlated due to sounding signals of sine waves. To overcome the above issues, a UWB spatio-temporal channel sounder, employing an orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) signal and a virtual array antenna, was developed along with a proposed technique for estimating time-of-arrival (TOA) and angle-of-arrival (AOA) of UWB OFDM signals. Comparison was carried out between the VNA- and the OFDM-based channel sounders in term of experimental estimation of TOAs and AOAs in an indoor three-path environment. / TOA / AOA / OFDM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 222, WBS2010-29, pp. 47-52, 2010年10月.
資料番号 WBS2010-29 
発行日 2010-09-30 (WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WBS2010-29

研究会情報
研究会 WBS  
開催期間 2010-10-07 - 2010-10-08 
開催地(和) 奈良市ならまちセンター 
開催地(英) Naramachi Center 
テーマ(和) 一般, ポスター講演 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2010-10-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 室内環境におけるOFDM信号伝送型UWB時空間チャネルサウンディング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ultra-Wideband Spatio-Temporal Channel Sounding with Use of an OFDM Signal in an Indoor Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UWB / UWB  
キーワード(2)(和/英) チャネルサウンダ / Microwave vector network analyzer (VNA) has been widely used to as an ultra wideband (UWB) channel sounder. However, channel sounders using VNAs have some limitations: there is only one snapshot; and incoming waves tend to be strongly correlated due to sounding signals of sine waves. To overcome the above issues, a UWB spatio-temporal channel sounder, employing an orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) signal and a virtual array antenna, was developed along with a proposed technique for estimating time-of-arrival (TOA) and angle-of-arrival (AOA) of UWB OFDM signals. Comparison was carried out between the VNA- and the OFDM-based channel sounders in term of experimental estimation of TOAs and AOAs in an indoor three-path environment.  
キーワード(3)(和/英) TOA / TOA  
キーワード(4)(和/英) AOA / AOA  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉崎 大輔 / Daisuke Sugizaki / スギザキ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齊藤 創一 / Soichi Saito / サイトウ ソウイチ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩切 直彦 / Naohiko Iwakiri / イワキリ ナオヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 岳彦 / Takehiko Kobayashi / コバヤシ タケヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-08 09:30:00 
発表時間 150 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2010-29 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.222 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2010-09-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会