お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-29 13:00
GCIP法における微分値伝搬の取り扱いと計算精度の関係 ~ GCIP(L,M:l,m)法による音響シミュレーション ~
大久保 寛河田直樹田川憲男首都大東京)・土屋隆生同志社大US2010-48
抄録 (和) 本研究ではGCIP 法による音場数値シミュレーションについて,伝搬方向と直交する空間微分値の取り扱いと計算精度及び計算時間の関係について検討を行っている.まず,直交微分値の取り扱いを含めてCIP 法を拡張し一般形エルミート補間を利用することで,GCIP(L,M; l,m) 法を提案した.この一般化によって,すべてのmulti-momentsスキームによる特性曲線法を表す統一表現が可能となる.直交微分値と計算精度の関係を評価し,直交微分値計算の精度が数値的な異方性に大きく影響を与えることを明らかにした.計算コストについても検討され,計算コストは
GCIP(7,1; 7,1) 法がもっと大きく,計算時間はGCIP(3,1; 1,0) 法(従来のM 型CIP法)の約2倍必要であることが示された. 
(英) This study addresses the issue of handling of derivative propagation in the GCIP method. We propose generalized CIP (L,M:l,m) method as a unified expression method by employing the general Hermite interpolation. We examine the analysis for acoustic field propagation by the GCIP (L,M:l,m) method. The numerical results demonstrate that the numerical dissipation in these analyses is little generated. Moreover, we made a examination on the calculation time and required memory of some GCIP methods.
キーワード (和) 音響数値解析 / CIP 法 / GCIP 法 / 特性曲線法 / FDTD 法 / / /  
(英) acoustic field numerical analysis / CIP method / GCIP method / method of characteristic / FDTD method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 213, US2010-48, pp. 1-5, 2010年9月.
資料番号 US2010-48 
発行日 2010-09-22 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2010-48

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2010-09-29 - 2010-09-30 
開催地(和) 東北大学 工学部 電子情報システム・応物系 南講義棟103会議室 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2010-09-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GCIP法における微分値伝搬の取り扱いと計算精度の関係 
サブタイトル(和) GCIP(L,M:l,m)法による音響シミュレーション 
タイトル(英) The Relationship between Calculation Accuracy and Handling of Derivative Propagation in the GCIP Method 
サブタイトル(英) Acoustic simulation Using the GCIP(L,M:l,m) Method 
キーワード(1)(和/英) 音響数値解析 / acoustic field numerical analysis  
キーワード(2)(和/英) CIP 法 / CIP method  
キーワード(3)(和/英) GCIP 法 / GCIP method  
キーワード(4)(和/英) 特性曲線法 / method of characteristic  
キーワード(5)(和/英) FDTD 法 / FDTD method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大久保 寛 / Kan Okubo / オオクボ カン
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河田 直樹 / Naoki Kawada / カワダ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田川 憲男 / Norio Tagawa / タガワ ノリオ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 隆生 / Takao Tsuchiya / ツチヤ タカオ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-29 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2010-48 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.213 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-US-2010-09-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会