電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-28 15:55
ピクトグラムの大きさと複雑さが触認知に与える影響
水戸和幸相賀 健板倉直明電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 触知案内図におけるピクトグラムの有効性について検討を行った.被験者は,晴眼者11名でアイマスクをして実験を行った.点字ディスプレイに7種類のピクトグラムを提示し回答を得るととともに,触察にて学習を行わせた.次に,同種でサイズの異なるピクトグラムを触察してもらい,正答率,確信度,認知時間,わかりやすさを評価した.学習前に関して,事前知識のあるピクトグラムの正答率は高く,学習時間は短かった.学習後に関して,サイズに関係無く正答率はほぼ100%であった.わかりさすさや認知時間は,サイズおよび複雑さにより変化し,図形の特徴の見つけやすさが関係していると推測された. 
(英) An availability of pictogram in the tactual map was examined. Eleven sighted people volunteered and experiment was performed under an eye mask. Seven kinds of pictograms were used in this study. The volunteer touched the pictogram displayed on the tactile graphic display and answered the name of its pictogram and they learned the pictogram by the haptic exploration. After the learning, volunteer touched the pictogram of other size. The accuracy rate, conviction degree, cognitive time and intelligibility were evaluated in this task. Before the learning, in the pictogram with previous knowledge, the accuracy rate was increased and the learning time was decreased. After the learning, accuracy rate was about 100% regardless of the size of pictogram. Both cognitive time and intelligibility were changed by size and complexity of the pictogram.
キーワード (和) 点図ディスプレイ / 事前知識 / 学習時間 / 認知時間 / / / /  
(英) Tactile Graphic Display / Previous Knowledge / Learning Time / Cognitive Time / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 211, MBE2010-26, pp. 25-28, 2010年9月.
資料番号 MBE2010-26 
発行日 2010-09-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-09-28 - 2010-09-28 
開催地(和) 信州大学 
開催地(英) Shinsyu University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-09-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ピクトグラムの大きさと複雑さが触認知に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Pictogram Size and Pattern in Tactile Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 点図ディスプレイ / Tactile Graphic Display  
キーワード(2)(和/英) 事前知識 / Previous Knowledge  
キーワード(3)(和/英) 学習時間 / Learning Time  
キーワード(4)(和/英) 認知時間 / Cognitive Time  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水戸 和幸 / Kazuyuki Mito / ミト カズユキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相賀 健 / Ken Aiga / アイガ ケン
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 直明 / Naoaki Itakura /
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-28 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2010-26 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.211 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2010-09-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会