電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-28 14:25
P300型BCIシステム開発のための音像定位する音刺激の検討
小口弘貴千島 亮岩松康太大谷 真香山瑞恵橋本昌巳伊東一典信州大)・荒井善昭長野高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 非侵襲導出による事象関連電位P300成分を応用した意思伝達支援技術(Brain-Computer Interface:BCI)の臨床応用領域は,筋萎縮性側索硬化症をはじめとする重度神経筋疾患者の具体的な生活支援システムとして応用されるに至っている.P300成分導出に視覚刺激を用いたBCIの臨床応用が様々な研究機関で進められているが,我々は視覚刺激の負担軽減を目的とし,P300成分導出に聴覚刺激を用いる方法を検討している.本稿では,BCIシステムの多肢選択化や選択肢の多様化のために,音像定位する音刺激に注目し,音像方向弁別課題によるP300成分導出の基礎実験,音像方向と周波数を組み合わせた弁別課題によるP300成分導出を行い,BCIに応用する上での有効性やシステム構築する際の課題について検討した. 
(英) The purpose of this study is to design a Brain-Computer Interface (BCI) for the communication devices of patients with severe neuromuscular disease. The auditory event-related potential (P300) is used for controlling this interface. Although the P300 derived by the visual stimulus is usually applied to these kinds of interface, these systems have a limitation in the duration of use and the range of applicable user. Therefore we have examined the spatialized auditory stimulus to solve these problems. In this paper, we firstly describe a basic experiment on the possibility of the derivation of P300 by the spatialized auditory stimuli with two different localized sound. Then, the result of an examination on two types of the spatialized auditory stimuli in two frequencies is considered. Finally, the effectiveness and the limitation of spatialized auditory stimulus for BCI are discussed.
キーワード (和) BCI / P300成分 / 音像定位刺激 / 意思伝達支援技術 / 重度神経筋疾患 / / /  
(英) BCI / P300 / spatialized auditory stimulus / communication-assisted technology / severe neuromuscular disease / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 211, MBE2010-23, pp. 7-12, 2010年9月.
資料番号 MBE2010-23 
発行日 2010-09-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-09-28 - 2010-09-28 
開催地(和) 信州大学 
開催地(英) Shinsyu University 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-09-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P300型BCIシステム開発のための音像定位する音刺激の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Brain-Computer Interface based on P300 event-related potentials using spatialized auditory stimuli 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BCI / BCI  
キーワード(2)(和/英) P300成分 / P300  
キーワード(3)(和/英) 音像定位刺激 / spatialized auditory stimulus  
キーワード(4)(和/英) 意思伝達支援技術 / communication-assisted technology  
キーワード(5)(和/英) 重度神経筋疾患 / severe neuromuscular disease  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 弘貴 / Kouki Oguchi / オグチ コウキ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 千島 亮 / Makoto Chishima / チシマ マコト
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩松 康太 / Kouta Iwamatsu / イワマツ コウタ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 真 / Makoto Otani / オオタニ マコト
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 香山 瑞恵 / Mizue Kayama / カヤマ ミズエ
第5著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌巳 / Masami Hashimoto / ハシモト マサミ
第6著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 一典 / Kazunori Itoh / イトウ カズノリ
第7著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 善昭 / Yoshiaki Arai / アライ ヨシアキ
第8著者 所属(和/英) 国立長野高専 (略称: 長野高専)
Nagano National College of Technology (略称: NNCT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-28 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2010-23 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.211 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2010-09-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会