電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-21 10:50
APANの提供する"サービス" ~ ネットワークとそのコミュニテ ~
小西和憲サイバー大)・後藤滋樹早大
抄録 (和) APAN(Asia-Pacific Advanced Network)はアジア各国を代表する研究教育ネットワークが参加するコンソーシアムである.本稿ではまず研究教育ネットワークが満たすべき要件を述べ、これまでのネットワークの拡充は主として光通信技術の進歩の恩恵によることを説明する.次いで、これまでのAPANネットワーク運用者の果たした貢献を述べ、わが国はアジアのリーダ役を演じているけれども、アジア域内のネットワーク展開活動は必ずしも効率的ではないことを説明する.最後に、近い将来の光通信技術は従来ほど大きく進歩できないと考えられ、需要増に対処するため、研究教育ネットワーク関係者は国際通信回線予算の拡大に更に努力する必要のあることを述べる. 
(英) APAN (Asia-Pacific Advanced Network) consists of National Research and Education Networks (NRENs). This paper describes the requirements for NRENs, learned from the history in the Unites States. It is also described that APAN-JP network operators have contributed the developments of advanced networks. It should be noted that the independent purchase of the international circuits by NREN members has built inefficient networks, compared with TEIN (Trans-Eurasia Information Network) based on EC's ODA fund. Finally, fiber optics technologies have enabled the expansion of NREN, but further dramatic developments can't be expected, whereas the demand of the bandwidth will be continuously increased. More budget for expanding international circuits should be pursued to meet the demand of the users.
キーワード (和) APAN / JGN / MAFFIN / NREN / NSF / SINET / TEIN / WIDE  
(英) APAN / JGN / MAFFIN / NREN / NSF / SINET / TEIN / WIDE  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 206, IA2010-30, pp. 3-7, 2010年9月.
資料番号 IA2010-30 
発行日 2010-09-14 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2010-09-21 - 2010-09-21 
開催地(和) 東大武田先端知ビル 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用、一般(ADVNET共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2010-09-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) APANの提供する"サービス" 
サブタイトル(和) ネットワークとそのコミュニテ 
タイトル(英) APAN and the Services 
サブタイトル(英) Network and the Community 
キーワード(1)(和/英) APAN / APAN  
キーワード(2)(和/英) JGN / JGN  
キーワード(3)(和/英) MAFFIN / MAFFIN  
キーワード(4)(和/英) NREN / NREN  
キーワード(5)(和/英) NSF / NSF  
キーワード(6)(和/英) SINET / SINET  
キーワード(7)(和/英) TEIN / TEIN  
キーワード(8)(和/英) WIDE / WIDE  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 和憲 / Kazunori Konishi / コニシ カズノリ
第1著者 所属(和/英) サイバー大学 (略称: サイバー大)
Cyber University (略称: Cyber Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 滋樹 / Shigeki Goto / ゴトウ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-21 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2010-30 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.206 
ページ範囲 pp.3-7 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IA-2010-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会