電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-06 14:50
[フェロー記念講演]部分空間法から相互部分空間法へ
前田賢一東芝リサーチ/東芝
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 部分空間法はパターン認識の古典的方法であり,いろいろな認識に応用されてきた.相互部分空間法は部分空間法の拡張である.そこではパターン間の類似度を定義するのに部分空間の間の正準角が使われる.通常、\textit{Karhunen-Lo\`{e}ve} (\textit{KL}) 展開あるいは \textit{PCA}~\cite{hotelling1,karhunen,loeve} が部分空間の作成に使われる.その部分空間はパターンの分布を近似したものである.部分空間法から相互部分空間法への拡張は,ちょうど\textit{PCA} と \textit{CCA}~\cite{hotelling2} の違いに相当するものである.将来への提言も含めて経験を紹介した. 
(英) The \textit{Subspace Method}~\cite{watanabe2,oja} is a classic method
of pattern recognition, and has been applied to various tasks.
The \textit{Mutual Subspace Method}~\cite{maeda1} is an extension
of the \textit{Subspace Methods}, in which \textit{canonical angles}
(\textit{principal angles}) between two subspaces are used to define
\textit{similarity} between two patterns (or two sets of patterns).
The \textit{Karhunen-Lo\`{e}ve eigenvalue method} or \textit{principal component analysis} (\textit{PCA}) is a well-known approach to form a subspace that approximates a distribution of patterns, and it was introduced as a tool of pattern recognition. The extension from the \textit{Subspace Methods} to the \textit{Mutual Subspace Method} corresponds to the difference between \textit{PCA} and \textit{canonical correlation analysis} (\textit{CCA}). I describe my own experiences and make a proposal.
キーワード (和) 部分空間法 / 相互部分空間法 / 正準角 / PCA / CCA / / /  
(英) Subspace Method / Mutual Subspace Method / Canonical Angle / PCA / CCA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 187, PRMU2010-85, pp. 215-220, 2010年9月.
資料番号 PRMU2010-85 
発行日 2010-08-29 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML PRMU IPSJ-CVIM  
開催期間 2010-09-05 - 2010-09-06 
開催地(和) 福岡大学 
開催地(英) Fukuoka Univ. 
テーマ(和) コンピュータビジョンとパターン認識のための機械学習と最適化, 一般 
テーマ(英) Machine learning and optimization for computer vision and pattern recognition, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-09-IBISML-PRMU-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 部分空間法から相互部分空間法へ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) From the Subspace Method to the Mutual Subspace Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 部分空間法 / Subspace Method  
キーワード(2)(和/英) 相互部分空間法 / Mutual Subspace Method  
キーワード(3)(和/英) 正準角 / Canonical Angle  
キーワード(4)(和/英) PCA / PCA  
キーワード(5)(和/英) CCA / CCA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 賢一 / Ken-ichi Maeda / マエダ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 東芝リサーチ・コンサルティング株式会社/株式会社 東芝 (略称: 東芝リサーチ/東芝)
Toshiba Research Consulting Corporation/Toshiba Corporation (略称: Toshiba Research/Toshiba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-06 14:50:00 
発表時間 60 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2010-85,IEICE-IBISML2010-57 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.187(PRMU), no.188(IBISML) 
ページ範囲 pp.215-220 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2010-08-29,IEICE-IBISML-2010-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会