お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-03 13:50
所望信号と外乱の独立性を用いる方程式誤差IIR型ADFの収束速度改善に関する検討
樋口達也・○笹岡直人鳥取大)・久野英治職能開発大)・ジェームス オケロNEC)・伊藤良生鳥取大)・小林正樹中部大SIS2010-32
抄録 (和) IIR(Infinite Impulse Response)型ADF(Adaptive Digital Filter)を用いた未知システムの推定について,方程式誤差を用いた場合,外乱により推定パラメータにバイアスが発生する.この問題を解決するために,我々は実環境において入力信号と外乱が確率統計的に独立であることを利用した方程式誤差法について提案を行った.本方程式誤差法では,所望信号と未知システムの入力信号の相互相関関数を推定し,タップ入力として用いることで外乱成分を抑圧し,バイアスの影響を低減する未知システムの推定を行っている.しかしながら,この手法ではタップ係数の収束速度が遅いという問題点がある.この問題を解決するため,本提案法ではブロック毎に行われていたタップ係数の更新を1サンプル毎に行う収束速度改善法について検討を行った. 
(英) We have proposed an EQ-E (EQuation-Error adaptive algorithm) based on independence between a desired signal and disturbance for an infinite impulse response (IIR) adaptive digital filter (ADF). The EQ-E algorithm converges without bias by using the cross correlation between the desired signal and the disturbance. However, the EQ-E algorithm decreases the convergence rate due to a frame processing. Therefore, in this paper the correlation which is estimated at a pre-frame is also used as the correlation at a current frame, thus the update of tap coefficients can be carried out every sample and the convergence rate is increased.
キーワード (和) IIR型ADF / 方程式誤差法 / 相関関数 / バイアス / / / /  
(英) IIR adaptive digital filter / equation error algorithm / correlation function / bias / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 189, SIS2010-32, pp. 93-98, 2010年9月.
資料番号 SIS2010-32 
発行日 2010-08-26 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2010-32

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2010-09-02 - 2010-09-03 
開催地(和) 長崎県勤労福祉会館第3中会議室 
開催地(英) Nagasakiken-Kinrou-Fukushi-Kaikan 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2010-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 所望信号と外乱の独立性を用いる方程式誤差IIR型ADFの収束速度改善に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on convergence rate improvement of equation-error IIR ADF based on independence between desired signal and disturbance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IIR型ADF / IIR adaptive digital filter  
キーワード(2)(和/英) 方程式誤差法 / equation error algorithm  
キーワード(3)(和/英) 相関関数 / correlation function  
キーワード(4)(和/英) バイアス / bias  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 達也 / Tatsuya Higuchi / ヒグチ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 直人 / Naoto Sasaoka / ササオカ ナオト
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 英治 / Eiji Kuno / クノ エイジ
第3著者 所属(和/英) 職業能力開発総合大学校 (略称: 職能開発大)
Polytechnic University (略称: Polytechnic Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) ジェームス オケロ / James Okello / ジェームス オケロ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 良生 / Yoshio Itoh / イトウ ヨシオ
第5著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正樹 / Masaki Kobayashi / コバヤシ マサキ
第6著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-03 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2010-32 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2010-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会