お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-03 10:35
眼底画像におけるCup/Disc比の自動計測に基づく緑内障推定法
納土 淳岐阜大)・畑中裕司滋賀県立大)・村松千左子澤田 明原 武史山本哲也藤田広志岐阜大MI2010-52
抄録 (和) 緑内障は我が国における失明の最大要因である.緑内障診断の指標の一つとして,視神経乳頭陥凹(Cup)と視神経乳頭(Disc)の垂直方向における最大径比(垂直C/D比)が知られている.一般的に,眼科医は視神経乳頭上の血管の変曲点の位置を参考にして眼底画像からCup領域の上端と下端を決定しているが,変曲点の判断には個人差が生じるので,医師間においてバラつきが生じ,コンピュータ上のアルゴリズムの構築も困難である.そこで,本研究では,コンピュータが定量的に測定できる緑内障の診断指標を決定するアルゴリズムの構築を目的として、視神経乳頭内の画素値によるプロファイルを用いてCupの位置を推定した.緑内障25症例と正常55症例の計80症例を用いた実験において,緑内障と正常を判別するためのROC曲線下の面積が0.942であったことより,緑内障診断において本手法の有用性が示唆された. 
(英) Glaucoma is the leading cause of blindness in Japan. The ratio of the maximum vertical diameters of cup and disc is one of the signs for glaucoma. In general, ophthalmologists determine a cup region by using the kinks of the blood vessels on a retinal fundus image. However, there are inter-reader variations among ophthalmologists in interpretation of such kinks, which makes it also difficult to develop a computer algorithm for automatic detection of the kinks. Therefore, the aim to this study was to develop a computerized algorithm for quantitative measurement of glaucomatous index, and our proposed method employed a profile of optic disc for estimation of cup borders. The area under the ROC curve of 0.942 using 80 retinal fundus images (25 glaucoma cases, 55 normal cases) for distinction between glaucoma and normal cases indicates the usefulness of this method in the diagnosis of glaucoma.
キーワード (和) 緑内障 / 眼底画像 / Cup/Disc 比 / コンピュータ支援診断 / / / /  
(英) Glaucoma / Retinal fundus image / Cup-to-disc ratio / Computer aided diagnosis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 195, MI2010-52, pp. 17-20, 2010年9月.
資料番号 MI2010-52 
発行日 2010-08-27 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2010-52

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-09-03 - 2010-09-03 
開催地(和) 理化学研究所 和光キャンパス 大河内記念ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) general medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-09-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 眼底画像におけるCup/Disc比の自動計測に基づく緑内障推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Glaucoma estimates based on automated cup-to-disc ratio measurement on retinal fundus images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 緑内障 / Glaucoma  
キーワード(2)(和/英) 眼底画像 / Retinal fundus image  
キーワード(3)(和/英) Cup/Disc 比 / Cup-to-disc ratio  
キーワード(4)(和/英) コンピュータ支援診断 / Computer aided diagnosis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 納土 淳 / Atsushi Noudo / ノウド アツシ
第1著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑中 裕司 / Yuji Hatanaka / ハタナカ ユウジ
第2著者 所属(和/英) 滋賀県立大学 (略称: 滋賀県立大)
The University of Shiga Prefecture (略称: Univ. of Shiga Pref.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村松 千左子 / Chisako Muramatsu / ムラマツ チサコ
第3著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 明 / Akira Sawada / サワダ アキラ
第4著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 武史 / Takeshi Hara / ハラ タケシ
第5著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲也 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第6著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 広志 / Hiroshi Fujita / フジタ ヒロシ
第7著者 所属(和/英) 岐阜大学 (略称: 岐阜大)
Gifu University (略称: Gifu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-03 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-52 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.195 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2010-08-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会