お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-09-03 10:00
障害物による通信電波の遮断を考慮したIEEE 802.16jリレーネットワークの性能評価
伊勢悠輝長谷川 剛谷口義明中野博隆阪大IN2010-54
抄録 (和) IEEE 802.16j マルチホップリレーネットワークでは,障害物が存在することでネットワークの接続関係及び干渉関係が変化するため,ネットワークスループットやサービス面積に影響を与える.しかし,リレーネットワークの既存の性能評価では障害物の存在は想定されていない.そこで本報告では,リレーネットワークの性能評価において従来用いられているネットワークモデルに障害物を導入し,通信電波が障害物によって遮断される影響を考慮した性能評価モデルを構築する.さらに,そのモデルを用いてシミュレーションを行い,リレーネットワークのサービス面積,フレーム長,及び経路長に関する評価を行う.評価の結果,障害物数が比較的少ない場合では,サービス面積の減少幅は小さいが,ゲートウェイノードからリレーノードまでの経路長が増加すること,また,その際,リレーノードを追加することによって障害物の影響を打ち消し,少ないフレーム長の増加でサービス面積を改善できることなどが明らかとなった. 
(英) In IEEE 802.16j relay network, the network performance can be affected by obstacles because of the changes in the characteristics of radio wave propagation and interference relationships. In this report, we investigate the performance of IEEE 802.16j relay network considering the influence of radio waves by obstacles. The extensive simulation results reveal that the service area does not decrease so much when the number of obstacles is comparatively small, and the service area increases by adding relay nodes at the small cost in the increase of the frame size.
キーワード (和) IEEE 802.16j / WiMAX / リレーネットワーク / 障害物 / 電波遮断 / / /  
(英) IEEE 802.16j / WiMAX / relay network / obstacles / radio wave blocking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 191, IN2010-54, pp. 61-66, 2010年9月.
資料番号 IN2010-54 
発行日 2010-08-26 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2010-54

研究会情報
研究会 NS CS IN  
開催期間 2010-09-02 - 2010-09-03 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング,ネットワークモデル,インターネットトラヒック,TCP/IP,マルチメディア通信,ネットワーク管理、リソース管理,プライベートネットワーク,NW安全性および一般,CS研50周年記念行事  
テーマ(英) Post IP Networking, Network Model, Internet Traffic, TCP/IP, Multimedia Communication, Network Management, Resource Management, Private Network, NW Security, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-09-NS-CS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 障害物による通信電波の遮断を考慮したIEEE 802.16jリレーネットワークの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluation of IEEE 802.16j relay networks with consideration of blocking radio waves by obstacles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.16j / IEEE 802.16j  
キーワード(2)(和/英) WiMAX / WiMAX  
キーワード(3)(和/英) リレーネットワーク / relay network  
キーワード(4)(和/英) 障害物 / obstacles  
キーワード(5)(和/英) 電波遮断 / radio wave blocking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢 悠輝 / Yuuki Ise / イセ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa / ハセガワ ゴウ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 義明 / Yoshiaki Taniguchi / タニグチ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 博隆 / Hirotaka Nakano / ナカノ ヒロタカ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-09-03 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2010-54 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.191 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2010-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会