お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-28 13:20
3人会話における「場の活性度」の自己と第三者の評価の比較
梶村康祐高嶋和毅阪大)・山口徳郎OKI)・北村喜文東北大)・岸野文郎関西学院大)・前田奈穂藤原 健横山ひとみ大坊郁夫阪大HCS2010-34
抄録 (和) 我々は,場の活性度を自動的に推測する手法の確立を目指し,これまでに3人会話中の非言語情報(発話量,手の動き,頭部方向など)と主観的な場の活性度との関係を調査してきた.本稿では,新たに大学生14人(男性7人,女性7人)を対象に会話のビデオ映像視聴による第三者評定実験を行い,会話中の非言語情報と場の活性度との関係について,自己と第三者の観点から比較検討した結果を報告する. 
(英) We experimentally investigate relationships between nonverbal behaviors such as the amount of utterance, hand movement and head direction, and subjective atmosphere created during a triadic conversation, in order to establish a technique for automatically estimating atmosphere in interpersonal communication. In this paper, we explain the third party rating experiment in which 14 university students (7 males and 7 females) participated. We also report on the results of comparing self with third party evaluation about the relationships between nonverbal behaviors and atmosphere.
キーワード (和) アンビエントインタフェース / 対面会話 / ノンバーバルコミュニケーション / 発話交代 / / / /  
(英) Ambient interface / Face-to-face conversation / Nonverbal communication / Turn-taking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 185, HCS2010-34, pp. 43-48, 2010年8月.
資料番号 HCS2010-34 
発行日 2010-08-20 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2010-34

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2010-08-27 - 2010-08-28 
開催地(和) 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号棟N 
開催地(英) N55 Nishi-Waseda Campus, Waseda University 
テーマ(和) 言語コミュニケーションとそのフィールド 
テーマ(英) Verbal Communication and the Field 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2010-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3人会話における「場の活性度」の自己と第三者の評価の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Comparison of Self and Third Party Evaluation for Atmosphere in Triadic Conversation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アンビエントインタフェース / Ambient interface  
キーワード(2)(和/英) 対面会話 / Face-to-face conversation  
キーワード(3)(和/英) ノンバーバルコミュニケーション / Nonverbal communication  
キーワード(4)(和/英) 発話交代 / Turn-taking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶村 康祐 / Kosuke Kajimura / カジムラ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高嶋 和毅 / Kazuki Takashima / タカシマ カズキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 徳郎 / Tokuo Yamaguchi / ヤマグチ トクオ
第3著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Corporation (略称: OKI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 喜文 / Yoshifumi Kitamura / キタムラ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 文郎 / Fumio Kishino / キシノ フミオ
第5著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 奈穂 / Nao Maeda / マエダ ナオ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 健 / Ken Fujiwara / フジワラ ケン
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 横山 ひとみ / Hitomi Yokoyama / ヨコヤマ ヒトミ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坊 郁夫 / Ikuo Daibo / ダイボウ イクオ
第9著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-28 13:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2010-34 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.185 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2010-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会