電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-26 14:05
長距離コヒーレントWDM-PONにおける偏波安定化技術
佐野貴之田中和樹KDDI研)・K.Y. ChoKAIST)・縣 亮堀内幸夫鈴木正敏KDDI研)・S. P. JungJ. H. ChangY. TakushimaY. C. ChungKAISTOCS2010-40
抄録 (和) RSOAを用いたWDM-PON方式において,上り信号の偏波を安定化する技術に関する実験を伝送速度2.5Gb/s,伝送距離68kmとして行ったので報告する.本実験ではOLTに自己ホモダイン型コヒーレント受信器を使い,ONU側に配置するRSOAの伝送路側に45度偏光回転のファラデーローテータ(FR)を配置した.FRを用いることにより,伝送路で生じる偏波変動を補正し,種光に対し90°回転した偏波状態がOLTで得られる.これにより,伝送路の偏波変動に関わらず安定した通信が実現することが可能となる. 
(英) We propose a simple self-polarization-stabilization technique for the wave length-division-multiplexed passive optical network(WDM PON) implemented with reflective semiconductor optical amplifiers and self-homodyne coherent receivers. By placing a Faraday rotator in front of the RSOA in the optical network unit, the state of polarization of the upstream signal becomes orthogonal to that of the linearly polarized seed light at the input of the coherent receiver.
キーワード (和) WDM PON / 偏波 / ファラデーローテータ / 自己ホモダイン検波 / コヒーレント光受信器 / / /  
(英) WDM PON / polarization / faraday rotator / self homodyne / coherent receiver / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 176, OCS2010-40, pp. 27-30, 2010年8月.
資料番号 OCS2010-40 
発行日 2010-08-19 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2010-40

研究会情報
研究会 OCS OFT  
開催期間 2010-08-26 - 2010-08-27 
開催地(和) 旭川ときわ市民ホール 
開催地(英) Asahikawa Tokiwa Shimin Hall 
テーマ(和) 光ファイバケーブル・コード、通信用光ファイバ、光ファイバ線路構成部品、光線路保守監視・試験技術、接続・配線技術、光ファイバ測定技術、光コネクタ、ホーリーファイバ、機能性光ファイバ、光信号処理、光ファイバ型デバイス、光測定器、レーザ加工、ハイパワーレーザ光輸送、光給電、一般 
テーマ(英) Optical fiber cable/cord, Optical fiber for communication, Optical fiber line component, Optical line maintenance/monitoring/test technology, Splice/wiring technology, Optical fiber mearurement technology, Optical connector, Holey fiber, Functional optical fiber, Optical signal processing, Fiber type device, Optical measurement equipment, Laser processing, High power laser light transpotation, Optical power supply, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2010-08-OCS-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長距離コヒーレントWDM-PONにおける偏波安定化技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Long reach coherent WDM PON using self polarization stabilization technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WDM PON / WDM PON  
キーワード(2)(和/英) 偏波 / polarization  
キーワード(3)(和/英) ファラデーローテータ / faraday rotator  
キーワード(4)(和/英) 自己ホモダイン検波 / self homodyne  
キーワード(5)(和/英) コヒーレント光受信器 / coherent receiver  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 貴之 / Takayuki Sano / サノ タカユキ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 和樹 / Kazuki Tanaka / タナカ カズキ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) K.Y. Cho / K. Y. Cho / K. Y. Cho
第3著者 所属(和/英) 韓国科学技術院 (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 縣 亮 / Akira Agata / アガタ アキラ
第4著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀内 幸夫 / Yukio Horiuchi / ホリウチ ユキオ
第5著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 正敏 / Masatoshi Suzuki / スズキ マサトシ
第6著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) S. P. Jung / S. P. Jung / S. P. Jung
第7著者 所属(和/英) 韓国科学技術院 (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) J. H. Chang / J. H. Chang / J. H. Chang
第8著者 所属(和/英) 韓国科学技術院 (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) Y. Takushima / Y. Takushima / Y. Takushima
第9著者 所属(和/英) 韓国科学技術院 (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) Y. C. Chung / Y. C. Chung / Y. C. Chung
第10著者 所属(和/英) 韓国科学技術院 (略称: KAIST)
Korea Advanced Institute of Science and Technology (略称: KAIST)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-26 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-40 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2010-08-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会