電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-09 16:00
マイクロホン数削減による複数移動音源追尾の高速化
押田賢浩大和田 昇陶山健仁東京電機大EA2010-48
抄録 (和) 本研究では,PAST--IPLSに基づく複数移動音源追尾の高速化について検討する.PAST--IPLSは高速かつ高精度な複数移動音源追尾が可能な手法である.しかし,汎用PCを用いた音声認識などの音声処理に適用する場合,処理の高速化は重要な課題である.提案法では演算量低減のためにマイクロホン数を削減しつつ,IPLS評価関数の解像度の劣化を避けるためにマイクロホン間隔を広げる.その際に空間エイリアシング問題が生じる場合があるが,空間エイリアシングが生じる高周波数帯域を空間エイリアシングが生じない低周波数帯域の結果により補うことにより回避する.さらに,IPLSの実行可能領域再設定法に遅延和アレー法を用いて,追尾精度向上を図る.実環境実験より,提案法が従来法と比べ低演算量で高精度な複数移動音源追尾が可能であることを示す. 
(英) In this paper, we propose a method for a fast multiple moving sound sources tracking based on PAST-IPLS method. In this method, a reduction of computational costs is achieved by reducing the number of microphones. In such a situation, when we extend the microphone width to prevent a degradation of resolution, it involves a lot of local minimum due to the spatial aliasing in the objective function. In this study, we set feasible regions every frequency bands to avoid the spatial aliasing. Moreover, a delayed sum array method is applied to reset the feasible regions. Several experimental results in actual environments show that the method can reduce the computational cost and improve the estimation accuracy.
キーワード (和) マイクロホンアレー / 移動音源追尾 / 適応アルゴリズム / 遅延和アレー / / / /  
(英) microphone array / moving sound source tracking / adaptive algorithm / delayed sum array / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 171, EA2010-48, pp. 31-36, 2010年8月.
資料番号 EA2010-48 
発行日 2010-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2010-48

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2010-08-09 - 2010-08-10 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理/聴覚/一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2010-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロホン数削減による複数移動音源追尾の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of Multiple Sound Source Tracking by Reduction of The Number of Microphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロホンアレー / microphone array  
キーワード(2)(和/英) 移動音源追尾 / moving sound source tracking  
キーワード(3)(和/英) 適応アルゴリズム / adaptive algorithm  
キーワード(4)(和/英) 遅延和アレー / delayed sum array  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 押田 賢浩 / Masahiro Oshida / オシダ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 昇 / Noboru Oowada / オオワダ ノボル
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 陶山 健仁 / Kenji Suyama / スヤマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-09 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2010-48 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.171 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2010-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会