電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-05 14:05
日本人英語学習者の音声提示英文理解 ~ 学習者による注目情報の選好性と学習到達度によるその変移 ~
中村智栄学振/慶大)・原田康也早大)・石崎 俊慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では、文内の語彙が表現する統語形態論的要素が示す構文と、発話音声が表現するプロソディ情報が示す構文を故意に矛盾させた文(形態統語-プロソディミスマッチ文)を用いた実験により、日本人英語学習者の英語音声提示文理解における注目情報を検証した。結果として、初級英語学習者がプロソディ情報を重要な手がかりとする一方、英語力が上がるに伴い構文情報に基づいた音声文理解を行うようになる可能性が示された。この理由として、英語力の高い被験者は英語音声文理解においてプロソディ情報よりも単語の意味や形態など構文情報に関連した情報に頼った処理を行う一方、初級英語学習者は統語形態論的情報を担う活用形などを充分に聞き取れないことから音声によるプロソディ情報に基づいた回答を行ったことが推測される。本研究により、英語力の相違に伴い英語音声提示文理解の方略がプロソディ情報に基づいた判断から統語形態論的情報に基づいた判断へと変化が生じる可能性が示唆された。 
(英) The purpose of this study is to determine what information Japanese EFL learners rely on in processing English sentences and if it varies with their English proficiency. Experiments were performed to determine whether Japanese EFL learners utilize prosodic or morpho-syntactic cues in analyzing English sentences, when the two suggest conflicting syntactic structures. The results of the experiments suggest that prosodic cues seem to be the more important information for Japanese EFL learners at a lower proficiency level, but as the learners’ proficiency go up, they tend to rely more on morpho-syntactic cues in processing sentences. Although our experiments were not exhaustive enough to determine the real cause of this, we conjecture that as learners’ English proficiency improve, they will be able to obtain semantic and morpho-syntactic information from the aural input, while learners with lower proficiency have to rely mostly on prosodic cues because that is the only kinds of information they can obtain from the aural input for processing sentence structures. This study shows that the strategy of Japanese EFL learners change from dependence on prosodic cues to morpho-syntactic cues in analyzing aurally presented English sentences.
キーワード (和) プロソディ / 統語形態論 / 第二言語習得 / 英語学習 / 音声文理解 / / /  
(英) prosody / syntax / SLA / English learning / sentence comprehension / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 163, TL2010-13, pp. 13-18, 2010年8月.
資料番号 TL2010-13 
発行日 2010-07-29 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2010-08-05 - 2010-08-06 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Sentence Processing and Production/learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2010-08-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本人英語学習者の音声提示英文理解 
サブタイトル(和) 学習者による注目情報の選好性と学習到達度によるその変移 
タイトル(英) Preference between syntactic vs. prosodic cues in comprehension of aurally presented English sentences among Japanese EFL learner 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) プロソディ / prosody  
キーワード(2)(和/英) 統語形態論 / syntax  
キーワード(3)(和/英) 第二言語習得 / SLA  
キーワード(4)(和/英) 英語学習 / English learning  
キーワード(5)(和/英) 音声文理解 / sentence comprehension  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 智栄 / Chie Nakamura / ナカムラ チエ
第1著者 所属(和/英) JSPS/慶應大学 (略称: 学振/慶大)
JSPS Research Fellow/Keio University (略称: JSPS/Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 康也 / Yasunari Harada / ハラダ ヤスナリ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石崎 俊 / Shun Ishizaki / イシザキ シュン
第3著者 所属(和/英) 慶應大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-05 14:05:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2010-13 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.163 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2010-07-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会