お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-03 09:00
電力系統の安定性を説明する機械的立体(野田)モデルの実験的検証
大曲祐子舟木 剛阪大CAS2010-47 NLP2010-63
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) It is difficult to understand the power system behavior intuitively due to its invisibility. The equivalent mechanical model of an electrical power system developed by NODA provides a means of visualizing the power system behavior, and helps the intuitive understanding of the stable/unstable operation of a power system. This study quantitatively evaluates the steady-state stability limit and the maximum local load shedding obtained from the mechanical model. The results show that the validity of the mechanical model is confirmed for small disturbances with weakly nonlinear conditions. However, only the qualitative validity is confirmed for large disturbances with highly nonlinear conditions.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Mechanical Model / Power System / Steady-state Stability / Transient Stability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 165, CAS2010-47, pp. 73-78, 2010年8月.
資料番号 CAS2010-47 
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-47 NLP2010-63

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2010-08-02 - 2010-08-03 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2010-08-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力系統の安定性を説明する機械的立体(野田)モデルの実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experimental Study on Mechanical Model for Understanding Power System Stability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Mechanical Model  
キーワード(2)(和/英) / Power System  
キーワード(3)(和/英) / Steady-state Stability  
キーワード(4)(和/英) / Transient Stability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大曲 祐子 / Yuko Omagari / オオマガリ ユウコ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舟木 剛 / Tsuyoshi Funaki / フナキ ツヨシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-03 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2010-47,IEICE-NLP2010-63 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.165(CAS), no.166(NLP) 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-07-26,IEICE-NLP-2010-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会