お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-03 10:30
非対称に結合されたカオスシステムにおけるパラメータ誤差と同期現象の関係について
細川康輝四国大)・西尾芳文徳島大CAS2010-52 NLP2010-68
抄録 (和) カオス同期現象では,誤差によって同期状態と非同期状態がランダムに遷移する現象が見られる.この現象と誤差の関係について,2種類のカオス発生要素からなる完全結合系での調査を行い,一方のカオス発生要素の誤差を大きくした場合に,もう一方の同期割合が高くなる場合があることを確認している.本研究では,複数の系で見られたこの現象の共通点と差異について考察する. 
(英) A switching phenomenon between a synchronous state and a asynchronous state is observed in a coupled chaotic system including parameter mismatches. A relationship between the phenomenon and parameter mismatches has investigated in the case of globally coupled systems which consist of two kinds of chaotic systems. As a result, it is confirmed that the synchronous rate of one kinds of the chaotic system is increased by increasing parameter mismatches of the other. This phenomenon can be obteined in some systems whose elements are applied to some kinds of chaotic generators. In this study, common and difference points between systems are investigated.
キーワード (和) カオス / 結合系 / カオス回路 / カオスマップ / / / /  
(英) chaos / coupling system / chaotic circuit / chaotic map / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 166, NLP2010-68, pp. 99-104, 2010年8月.
資料番号 NLP2010-68 
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-52 NLP2010-68

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2010-08-02 - 2010-08-03 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-08-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非対称に結合されたカオスシステムにおけるパラメータ誤差と同期現象の関係について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship Between Parameter Mismatches and Synchronization Phenomena on Asymmetrically Coupled Chaotic Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(2)(和/英) 結合系 / coupling system  
キーワード(3)(和/英) カオス回路 / chaotic circuit  
キーワード(4)(和/英) カオスマップ / chaotic map  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細川 康輝 / Yasuteru Hosokawa / ホソカワ ヤステル
第1著者 所属(和/英) 四国大学 (略称: 四国大)
Shikoku University (略称: Shikoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-03 10:30:00 
発表時間 100 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2010-52,IEICE-NLP2010-68 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.165(CAS), no.166(NLP) 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-07-26,IEICE-NLP-2010-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会