お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-02 11:15
ネットワーク構造によるD-PSOの性能に関する考察
辻本貴博進藤卓也神野健哉日本工大CAS2010-37 NLP2010-53
抄録 (和) 粒子群最適化法(Particle Swarm Optimization,以下PSOと略す)は近年注目を集めている最適解探索方法の一つである.PSO は多くの制御パラメータを有しており,
これらによって性能が大きく変化する.このような PSO のダイナミクスを詳細に解析するため,我々はシステムから乱数要素を取り除いた決定論的PSO(D-PSO)を基に係数行列を正準形に変形した正準形決定論的PSO(CD-PSO)を提案した.このCD-PSOを用いて,優良解情報を伝達するためのネットワーク構造によって性能がどのように変化するかを考察する.特にネットワークの次数ならびに平均頂点間距離に着目し,この値によって性能がどのように変化するかについて考察する. 
(英) Particle swarm optimization ( abbr. PSO ) is one of the most effective optimization alogorithms.
The PSO contains many control parameters. These causes, the performance of the serching ability of
the PSO is significantly alternated. In order to analyze the dynamics of such PSO system, some papers pay attention to deterministic PSO systems which does not contain any stochastic factors. Based on the deterministic PSO, we proposed a canonical deterministic PSO. In this article, the canonical deterministic PSO is used. The state of the transmission of the position information of the global best can be regarded as a
network structure. The network structure influences the perfomance of searching ability. In this article, we analyze the perfomance focused on the degree and the average distance used in graph theory.
キーワード (和) 粒子群最適化法 / 探索能力 / ネットワーク構造 / 最適化問題 / / / /  
(英) Paticle Swarm Optimization / Searching Ability / Network Structure / Optimization Problem / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 166, NLP2010-53, pp. 27-30, 2010年8月.
資料番号 NLP2010-53 
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-37 NLP2010-53

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2010-08-02 - 2010-08-03 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-08-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク構造によるD-PSOの性能に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of network structure on the searching performance of D-PSO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 粒子群最適化法 / Paticle Swarm Optimization  
キーワード(2)(和/英) 探索能力 / Searching Ability  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク構造 / Network Structure  
キーワード(4)(和/英) 最適化問題 / Optimization Problem  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻本 貴博 / Takahiro Tsujimoto / ツジモト タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 進藤 卓也 / Takuya Shindo / シンドウ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神野 健哉 / Kenya Jin'no / ジンノ ケンヤ
第3著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-02 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2010-37,IEICE-NLP2010-53 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.165(CAS), no.166(NLP) 
ページ範囲 pp.27-30 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2010-07-26,IEICE-NLP-2010-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会