お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-02 09:25
連続CT画像再構成法の離散化に基づく反復法の性質
上田知佳藤本憲市吉永哲哉徳島大CAS2010-33 NLP2010-49
抄録 (和) 高品質な医用CT画像の再構成を高速に演算する方法の開発を目的とし,連続法およびその離散化による反復法を提案している.本報告では,ブロック連続法から導いた離散化法の理論的検討を行い,反復解が非負を保ちながら,ブロック毎の目標関数が減少する性質を証明する.結果を基にした数値例を示す. 
(英) For computed tomography, some of the authors have proposed a continuous-time image reconstruction (CIR) system and an iterative method formulated by discretizing nonlinear differential equations in CIR system. It is expected that these methods can produce better-quality images quickly and easily compared with conventional methods. In this report, we investigate properties of a discretized block CIR system theoretically, and give a proof such that an objective function for each block decreases with iterative step.
キーワード (和) 非線形問題 / CT画像再構成 / 反復法 / 連続法 / / / /  
(英) nonlinear problem / CT image reconstruction / iterative method / continuous-time image reconstruction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 166, NLP2010-49, pp. 5-9, 2010年8月.
資料番号 NLP2010-49 
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-33 NLP2010-49

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2010-08-02 - 2010-08-03 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-08-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 連続CT画像再構成法の離散化に基づく反復法の性質 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Property of an iterative method based on discretization of continuous-time image reconstruction for computed tomography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形問題 / nonlinear problem  
キーワード(2)(和/英) CT画像再構成 / CT image reconstruction  
キーワード(3)(和/英) 反復法 / iterative method  
キーワード(4)(和/英) 連続法 / continuous-time image reconstruction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 知佳 / Chika Ueda / ウエダ チカ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 憲市 / Ken'ichi Fujimoto / フジモト ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉永 哲哉 / Tetsuya Yoshinaga / ヨシナガ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-02 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2010-33,IEICE-NLP2010-49 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.165(CAS), no.166(NLP) 
ページ範囲 pp.5-9 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2010-07-26,IEICE-NLP-2010-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会