お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-08-02 10:50
カオスノイズを都市配置に加えた巡回セールスマン問題の解法
吉田泰之上手洋子西尾芳文徳島大CAS2010-36 NLP2010-52
抄録 (和) 組合せ最適化問題は, 時間をかければ解くことは可能だが, 要素数が多くなるとその時間は長くなり,
計算は困難なものとなる. このような組合せ最適化問題では, 出来るだけ早く最適解を得ることが求めらる.
そのため, 近似解法が用いられるが, 最適解を得ようとすると局所解に陥るという問題が発生する.
最適解を得るには, この局所解を回避する必要があり, 近似解法にノイズを注入する手法が提案されている.
本研究では, 組合せ最適化問題の1つである巡回セールスマン問題の解法において,
都市配置にカオスノイズを注入して近傍探索法で解探索を行う手法を提案し,
局所解の回避に対してカオスノイズの有効性の確認を行う. 
(英) Although it would be possible to solve combinatorial optimization
problems with a huge number of elements if we have infinite
long time, it does not make any sense for practical problems.
In several approximation methods, the solutions are trapped into local minima and do not escape.
In order to avoid this problem, technical methods to escape from local minima are required.
In this study, we propose an novel algorithm pouring the chaos noise to
the city placement for solving the traveling salesman problems.
By carrying out computer simulations for various problems,
we confirm that the chaos noise has a good effect to avoid local minima
and achieves to a good solution of the traveling salesman problems.
キーワード (和) カオス / 巡回セールスマン問題 / / / / / /  
(英) chaos / TSP / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 166, NLP2010-52, pp. 23-26, 2010年8月.
資料番号 NLP2010-52 
発行日 2010-07-26 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2010-36 NLP2010-52

研究会情報
研究会 NLP CAS  
開催期間 2010-08-02 - 2010-08-03 
開催地(和) 鳴門教育大学 
開催地(英) Naruto University of Education 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-08-NLP-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カオスノイズを都市配置に加えた巡回セールスマン問題の解法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Chaos Noise on City Placement of Traveling Salesman Problems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(2)(和/英) 巡回セールスマン問題 / TSP  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 泰之 / Yasuyuki Yoshida / ヨシダ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokusima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上手 洋子 / Yoko Uwate / ウワテ ヨウコ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokusima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西尾 芳文 / Yoshifumi Nishio / ニシオ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokusima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-08-02 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-CAS2010-36,IEICE-NLP2010-52 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.165(CAS), no.166(NLP) 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2010-07-26,IEICE-NLP-2010-07-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会