電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-30 09:00
ブロック直交変調の推定とその誤り率解析
衣笠隆文岡 育生阿多信吾阪市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,周辺の電波状況を認知・認識し,それに応じて利用する周波数や変調方式を選択するコグニティブ無線が注目されている.コグニティブ無線では変調方式の識別が重要となるが,ブロック直交変調に関しては変調方式推定後の誤り率がシミュレーションにより評価されているのみである.本稿では,一般化直交変調方式を用いて変調方式の推定を行った場合の,受信信号の誤り率の理論解析を行う.ブロック直交変調の各次元に配置された多値シンボルの判定では,雑音の影響を受けた2つの信号の内積を用いる.このため,解析は難解となる.そこで,多次元空間の回転を利用して複数の次元における雑音の影響を考慮することにより誤り率の解析式を導出した.解析式の数値計算結果と計算機シミュレーションの比較により,解析式の妥当性を検証する. 
(英) Cognitive radios are intelligent communications, and are expected to realize an efficient use of the radio channel. The modulation identifications is one of the problem in the cognitive radio. As for the modulation identifications for block orthogonal modulation, the method of clustering and labeling was proposed. However, the identification performance has been evaluated only by the computer simulation. In this paper, error probability analysis is presented for a block orthogonal modulation identification using General Orthogonal Modulation (GOM). The analysis includes an inner product of two signals and noise. This causes difficulties in the analysis. The multidimensional rotation is employed for the difficulties in order to derive error probability. Numerical results confirm the validity of analysis.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 一般化直交変調 / 変調方式識別 / / / / /  
(英) Cognitive radio / General Orthogonal Modulation / modulation classification / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-27, pp. 63-67, 2010年7月.
資料番号 SR2010-27 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブロック直交変調の推定とその誤り率解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Identification Error Analysis of Block Orthogonal Modulations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) 一般化直交変調 / General Orthogonal Modulation  
キーワード(3)(和/英) 変調方式識別 / modulation classification  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣笠 隆文 / Takafumi Kinugasa / キヌガサ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 育生 / Ikuo Oka / オカ イクオ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-30 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-27 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.63-67 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会