電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-30 13:20
[技術展示]マルチバンド・マルチ信号一括受信を行なうフレキシブルワイヤレスシステムの提案
芝 宏礼加保貴奈山田貴之李 斗煥山口 陽上原一浩NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報通信サービスの高度・多様化に伴い,携帯電話や無線LANやRFIDなど多種多様な無線システムが運用され,現在も多くの無線システム方式の標準化が行われている.筆者らはこれまでに,これらの多種多様な無線システムを単一の無線プラットフォームで統合的に収容するフレキシブルワイヤレスシステムを提案してきた.フレキシブルワイヤレスシステムは,複数の無線システムの信号を同時に一括受信するため,端末の位置や無線規格の違いに起因する受信電力レベル差の拡大,無線信号間の混信が問題となる.本稿では,これらの問題を解決するために,受信電力差が100dB程度大きく異なる複数周波数帯の複数信号も同時受信可能なマルチバンド一括受信機,及びマルチバンド一括利得制御方法を提案する.提案したマルチバンド一括受信機を試作し,基本特性評価を行った.さらに,複数の無線信号が重畳した受信信号から,それぞれの信号を分離・復元する信号分離方法を提案し,計算機シミュレーションにより,その有効性を示した. 
(英) A great variety of wireless systems are currently being used to provide diverse and sophisticated information and communication services. New wireless systems are being standardized for later implementation. We have proposed a new flexible wireless system (FWS) supporting for a wide variety of wireless systems. Since FWS receives multiple signals simultaneously, the widening of received signal power and the confliction of received signal become a big problem. To solve these problems, we propose a new multi-band receiver and multi-band auto gain control (AGC) method. Moreover we propose a signal separation method using a desired signal features extracted from the received radio wave. This system processes all received radio wave with software on the network. We develop a prototype of the flexible wireless system to confirm its effectiveness. We show the effectiveness of these proposed technologies for multi-band multi-signal reception by using a computer simulation and with the prototype.
キーワード (和) フレキシブルワイヤレスシステム / マルチバンド一括受信 / 利得制御 / 信号分離 / / / /  
(英) Flexible wireless system / Multi-band reception / AGC / Signal separation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-37, pp. 119-124, 2010年7月.
資料番号 SR2010-37 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチバンド・マルチ信号一括受信を行なうフレキシブルワイヤレスシステムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of flexible wireless system to receive multiband multi signals simultaneously 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フレキシブルワイヤレスシステム / Flexible wireless system  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド一括受信 / Multi-band reception  
キーワード(3)(和/英) 利得制御 / AGC  
キーワード(4)(和/英) 信号分離 / Signal separation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝 宏礼 / Hiroyuki Shiba / シバ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加保 貴奈 / Takana Kaho / カホ タカナ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴之 / Takayuki Yamada / ヤマダ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee / リ ドファン
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 陽 / Yo Yamaguchi / ヤマグチ ヨウ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 一浩 / Kazuhiro Uehara / ウエハラ カズヒロ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-30 13:20:00 
発表時間 150 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-37 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.119-124 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会