電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-30 13:20
[技術展示]ディペンダブルワイヤレスシステムのためのシリコンCMOS RFフロントエンド
亀田 卓タ トァン タン末松憲治高木 直坪内和夫東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 我々は,複数の無線通信システムを統合し,伝送距離,通信速度,消費電力,QoS (quality of service) の最適制御を行うことが可能となる無線通信端末であるディペンダブルワイヤレスシステム (DWS: Dependable Wireless System) の実現を目指している.DWS を実現するための重要な要素技術として,RF (radio frequency) フロントエンド回路のシリコン CMOS (complementary metal oxide semiconductor) 化が挙げられる.本発表では,シリコン CMOS を用いた 5GHz 帯低位相雑音電圧制御発振器 (VCO: voltage controlled oscillator) の設計・試作・評価について述べる.低位相雑音を実現するために,我々は逆向きのバラクタ対を用いたバラクタ回路を提案した.提案したバラクタ回路を用いることで高次電流の原因であるVCOの発振信号の影響を低減できる.提案した VCO を0.18$\mu$m シリコン CMOS プロセスを用いて試作した.提案したバラクタ回路を用いた試作 VCO のチューニングレンジは 5.1GHz ~ 6.1GHz (相対値 17.9%),1MHz 離調での位相雑音は-110.8dBc/Hz であった.VCO の FOMT (figure of merit with tuning range) は-182dBc/Hz であった. 
(英) We are developing Dependable Wireless System (DWS) for realizing high-mobility and ultra high-data-rate mobile terminal using heterogeneous wireless systems. The DWS has optimum control functions of communication area, data rate, power consumption and quality of service (QoS). As one of the elemental technology to realize the DWS, implementation of radio frequency (RF) frontend using silicon complementary metal oxide semiconductor (Si CMOS) is necessary. In this paper, we developed and evaluated a low phase noise 5GHz-band Si CMOS voltage controlled oscillator (VCO). To achieve low phase noise, a novel varactors pair circuit is proposed to cancel effects of capacitance fluctuation that makes harmonic currents which increase phase noise of VCO. The proposed VCO is designed with 0.18$\mu\m Si CMOS process. The fabricated VCO with the proposed varactor circuit has tuning range
from 5.1GHz to 6.1GHz (relative value of 17.9%) and phase noise of lower than -110.8dBc/Hz at 1MHz offset over the full tuning range. Figure of merit with tuning range (FOMT) of the proposed VCO is -182dBc/Hz.
キーワード (和) ディペンダブルワイヤレスシステム / 5GHz 帯 / シリコン CMOS (silicon complementary metal oxide semiconductor) / 電圧制御発振器 (VCO: voltage controlled oscillator) / 低位相雑音 / 広チューニングレンジ / /  
(英) Dependable Wireless System (DWS) / 5GHz-band / silicon complementary metal oxide semiconductor (Si CMOS) / voltage controlled oscillator (VCO) / low noise / wide tuning range / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-38, pp. 125-132, 2010年7月.
資料番号 SR2010-38 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディペンダブルワイヤレスシステムのためのシリコンCMOS RFフロントエンド 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Si CMOS RF Frontend for Dependable Wireless System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ディペンダブルワイヤレスシステム / Dependable Wireless System (DWS)  
キーワード(2)(和/英) 5GHz 帯 / 5GHz-band  
キーワード(3)(和/英) シリコン CMOS (silicon complementary metal oxide semiconductor) / silicon complementary metal oxide semiconductor (Si CMOS)  
キーワード(4)(和/英) 電圧制御発振器 (VCO: voltage controlled oscillator) / voltage controlled oscillator (VCO)  
キーワード(5)(和/英) 低位相雑音 / low noise  
キーワード(6)(和/英) 広チューニングレンジ / wide tuning range  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 卓 / Suguru Kameda / カメダ スグル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) タ トァン タン / Ta Tuan Thanh / タ トァン タン
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末松 憲治 / Noriharu Suematsu / スエマツ ノリハル
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 直 / Tadashi Takagi / タカギ タダシ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪内 和夫 / Kazuo Tsubouchi / ツボウチ カズオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-30 13:20:00 
発表時間 150 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-38 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.125-132 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会