電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 15:30
[招待講演]無線機アーキテクチャとチューナブルフィルタ技術の課題と展望 ~ SDR実現へ向けて ~
太郎丸 真福岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 真のSDR (software defined radio) 実現へ向け,無線機アーキテクチャと
チューナブルフィルタ技術の課題と展望について論じる.
まず,一般的に受信機に要求される 80dB 以上のダイナミック
レンジがもたらす問題点について述べ,従来のアナログチャネルフィルタと
AGCまたはリミタによる受信機構成が,長年にわたり採用されている理由を
説明する.次に,これらの技術的背景と今後の技術動向を踏まえ,SDR
受信機においても当面アナログフィルタ,特にチューナブルフィルタが
必要であることを示す.最後に,アナログ可変フィルタの研究開発動向と今後の
実現性に関して展望を述べる. 
(英) Transceiver architectures and tunable filter technologies
towards SDR: software defined radio are discussed.
For the first, it is explained why the conventional receiver
architecture of analogue channel selection filter with AGC
is adopted due to the general requirement of 80dB or more
dynamic range. Next, based on those technical background and trend,
it is shown that analogue filters, especially tunable ones are
required for SDR receivers for some or long years to come.
Finally, R \& D trends and feasibility of analogue tunable RF filters
are discussed.
キーワード (和) ソフトウエア無線 / チューナブルフィルタ / 受信機 / AGC / AD変換器 / ダイナミックレンジ / /  
(英) software defined radio / tunable filter / receiver / AGC / AD converter / dynamic range / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-23, pp. 45-48, 2010年7月.
資料番号 SR2010-23 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線機アーキテクチャとチューナブルフィルタ技術の課題と展望 
サブタイトル(和) SDR実現へ向けて 
タイトル(英) On Transceiver Architecture and Tunable Filter Technologies towards Software Defied Radio 
サブタイトル(英) Trends, Problems, and Prospect 
キーワード(1)(和/英) ソフトウエア無線 / software defined radio  
キーワード(2)(和/英) チューナブルフィルタ / tunable filter  
キーワード(3)(和/英) 受信機 / receiver  
キーワード(4)(和/英) AGC / AGC  
キーワード(5)(和/英) AD変換器 / AD converter  
キーワード(6)(和/英) ダイナミックレンジ / dynamic range  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 太郎丸 真 / Makoto Taromaru / タロウマル マコト
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 15:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-23 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会