電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 17:15
デジタルコヒーレント伝送システムのための逆伝播型非線形効果補償とその半ブラインド最適化
谷村崇仁富士通研)・星田剛司富士通)・小田祥一朗田中俊毅富士通研)・中島久雄富士通)・Lei LiZhenning TaoFujitsu Research and Development Center Co., Ltd.)・Jens C. Rasmussen富士通
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大容量光伝送ネットワークの構築を容易にする、デジタル信号処理によるファイバ非線形効果の補償技術を提案し、検討結果を報告する。デジタル非線形補償は高い入力光パワーでの伝送を可能にし、高速大容量伝送の制限要因である信号対雑音比の改善を可能にする。偏波多重信号に適したチャネル内非線形補償の方式を提案し、112Gb/s偏波多重4値位相変調(DP-QPSK)方式を用いた実験により、提案方式が1200km伝送後のQ値を2dB以上改善することを確認した。またこの非線形補償器に適する半ブラインド最適化アルゴリズムを提案し、様々な伝送路条件においてQ値の最適化が実現できることを示した。 
(英) A novel nonlinear compensation scheme is proposed and demonstrated with 112 Gb/s DP-QPSK format using digital coherent receiver. With experimental and numerical investigation for dependencies on stage number and fiber launched power, the Q-improvement by the proposed scheme exceeded 2 dB after 20 span (1200 km) transmission. In addition, the proposed scheme can also equalize nonlinearity with inhomogeneous span condition and limited prior knowledge of systems brought by semi-blind adaptation for nonlinear and dispersion parameters.
キーワード (和) デジタルコヒーレント受信 / 非線形効果補償 / デジタル信号処理 / 光伝送 / / / /  
(英) Digital coherent reception / Nonlinear compensation / Digital signal processing / Transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 152, OCS2010-34, pp. 57-62, 2010年7月.
資料番号 OCS2010-34 
発行日 2010-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-29 
開催地(和) ニューウェルシティ湯河原 
開催地(英) New Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題,分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Dispersion compensating device, Optical signal processing, Optical measurement equipment, Digital signal processing for optical communication, optical communicaton measurement, LSI for optical communication, Error correction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2010-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルコヒーレント伝送システムのための逆伝播型非線形効果補償とその半ブラインド最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Semi-blind Multi-Stage Dual-Polarization Nonlinear Compensation in 112 Gb/s DP-QPSK Coherent Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタルコヒーレント受信 / Digital coherent reception  
キーワード(2)(和/英) 非線形効果補償 / Nonlinear compensation  
キーワード(3)(和/英) デジタル信号処理 / Digital signal processing  
キーワード(4)(和/英) 光伝送 / Transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷村 崇仁 / Takahito Tanimura / タニムラ タカヒト
第1著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories, Ltd. (略称: Fujitsu Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 星田 剛司 / Takeshi Hoshida / ホシダ タケシ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一朗 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories, Ltd. (略称: Fujitsu Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 俊毅 / Toshiki Tanaka / タナカ トシキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories, Ltd. (略称: Fujitsu Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 久雄 / Hisao Nakashima / ナカシマ ヒサオ
第5著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Lei Li / Lei Li / Lei Li
第6著者 所属(和/英) Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd. (略称: Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd.)
Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd. (略称: Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Zhenning Tao / Zhenning Tao / Zhenning Tao
第7著者 所属(和/英) Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd. (略称: Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd.)
Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd. (略称: Fujitsu Research and Development Center Co., Ltd.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen / Jens C. Rasmussen
第8著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Fujitsu Limited (略称: Fujitsu)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-34 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.152 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会