電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 15:50
擬似RZ変調信号を用いた周波数領域でのデジタル信号処理による信号モニタリング技術
有川 学ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル藤田定男前田和佳子福知 清NEC
抄録 (和) 物理層における信号モニタリング技術は、安定した制御ループ系を構築し、複雑なシステムを動作させるために重要である。我々は、デジタル信号処理を用いたコヒーレント受信系において、擬似RZ変調方式(PRZ)による低周波のスペクトル成分を利用した光信号モニタリング技術を提案する。112Gb/s 偏波多重PRZ-QPSK信号を使用したシミュレーションと実験により、偏波識別、偏波間スキューおよび波長分散の広範囲でのモニターが実現できることを確認した。 
(英) Signal monitoring techniques using the information of the physical layer are important in order to operate complex systems, such as a coherent receiver with digital signal processing as they enable us to construct stable control loops. We propose signal monitoring techniques using low-frequency spectrum components provided by the Pseudo-Return-to-Zero modulation scheme. We have confirmed that polarization discrimination, and intra-polarization skew and chromatic dispersion monitoring over wide range can be performed.
キーワード (和) PDM-QPSK / 偏波識別 / スキュー検出 / 波長分散検出 / / / /  
(英) PDM-QPSK / Polarization Discrimination / Skew Monitoring / Chromatic Dispersion Monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 152, OCS2010-31, pp. 41-46, 2010年7月.
資料番号 OCS2010-31 
発行日 2010-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-29 
開催地(和) ニューウェルシティ湯河原 
開催地(英) New Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題,分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Dispersion compensating device, Optical signal processing, Optical measurement equipment, Digital signal processing for optical communication, optical communicaton measurement, LSI for optical communication, Error correction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2010-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似RZ変調信号を用いた周波数領域でのデジタル信号処理による信号モニタリング技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Signal Monitoring Technique with Digital Spectrum Processing Using Pseudo-Return-to-Zero Modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PDM-QPSK / PDM-QPSK  
キーワード(2)(和/英) 偏波識別 / Polarization Discrimination  
キーワード(3)(和/英) スキュー検出 / Skew Monitoring  
キーワード(4)(和/英) 波長分散検出 / Chromatic Dispersion Monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 有川 学 / Manabu Arikawa / アリカワ マナブ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 定男 / Sadao Fujita / フジタ サダオ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 和佳子 / Wakako Maeda / マエダ ワカコ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福知 清 / Kiyoshi Fukuchi / フクチ キヨシ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-31 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.152 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会