電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 13:00
周波数共用環境における周期定常性に基づく複数信号識別法の特性評価実験
原田浩樹藤井啓正三浦俊二大矢智之NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 周波数共用環境において周囲の電波利用状況を認識する技術として,周期定常性に基づく信号検出技術があるが,受信電力の異なる複数の信号の検出においては,特に弱信号について十分な検出精度が得られないという問題がある.これまでに筆者らは一度検出された信号の特徴量を周期自己相関関数領域においてキャンセルしながら,繰り返し信号検出を行なう反復型特徴検出法を提案し,従来の検出法では強電力信号の影響で検出できなかった微弱な信号についても高い検出率が得られることを,計算機シミュレーションにより確認してきた.
本稿では,同様の環境を実験系により構築し,複数信号識別の特性を評価する.また,これまでに提案してきた繰り返し処理ではなく,事前に他信号の影響を一括除去する手法を提案し,実験系に実装する.実験結果および計算機シミュレーション結果より,提案する複数信号識別法の有効性を確認する. 
(英) The problem of conventional cyclostationarity-based feature detection is that the detection probability of weak signals worsens if multiple signals with different received-power levels are captured simultaneously.
The multiple signal identification has been studied in order to solve such problem. The iterative detection method suppresses the effects of previously-detected signals in the cyclic auto-correlation domain, and so improves the detection probability of the weak signals. In this paper, the multiple signal identification method is evaluated by test-bed experiments. In addition, the modification of the multiple signal identification method in which the effects of other signals are previously-relieved is proposed and applied to the test-bed instead of the iterative detection method. The detection performances of the conventional and proposed detection methods are evaluated and compared with the results of computer simulations. The results reveal the effectiveness of the proposed detection in spectrum sharing scenarios.
キーワード (和) 周期定常性特徴検出 / 周期定常性付与送信技術 / OFDM / 周波数共用 / / / /  
(英) cyclostationarity-based feature detection / cyclostationarity-inducing transmission / OFDM transmission / spectrum sharing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-16, pp. 1-6, 2010年7月.
資料番号 SR2010-16 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数共用環境における周期定常性に基づく複数信号識別法の特性評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Multiple Signal Identification based on Cyclostationarity in Spectrum Sharing Scenarios 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周期定常性特徴検出 / cyclostationarity-based feature detection  
キーワード(2)(和/英) 周期定常性付与送信技術 / cyclostationarity-inducing transmission  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM transmission  
キーワード(4)(和/英) 周波数共用 / spectrum sharing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 浩樹 / Hiroki Harada / ハラダ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 啓正 / Hiromasa Fujii / フジイ ヒロマサ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 俊二 / Shunji Miura / ミウラ シュンジ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 智之 / Tomoyuki Ohya / オオヤ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO Inc. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 13:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-16 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会