電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 16:50
将来光ネットワークのための160Gb/s光16QAMの長距離伝送技術
小林孝行佐野明秀石原浩一吉田英二宮本 裕山崎裕史山田 貴NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 将来的な大容量光ネットワークを実現するためには、高い周波数利用効率をもつ伝送方式の検討が重要である。特に、高次の直交振幅変調(QAM)方式は、高い周波数利用効率を得るために必須の技術である。我々は、パイロット信号を不要としたアルゴリズムとディジタルPLLによる周波数オフセット補償を用いた受信信号処理により、160Gb/sの16-QAM信号の3123km伝送に成功し、高次QAM方式の長距離伝送への有効性を実証した。 
(英) Transmission systems that offer high spectral efficiency are the key to realizing large capacity optical transport networks which meet the huge traffic demands expected in the future. Moreover, higher-order quadrature amplitude modulation (QAM) is a indespensable to achieve higher spectral efficiency. We have demonstrated 160-Gb/s DP (dual polarization) 16-QAM single channel transmission over 3123.9 km by a digital coherent receiver using a blind algorithm and digital PLL-based frequency offset compensation. Experiments showed that the DP 16-QAM can realize long-haul single channel transport.
キーワード (和) 光通信 / QAM / 多値変調 / ディジタルコヒーレント受信 / / / /  
(英) Optical communication / QAM / Multi-level modulation / Digital coherent detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 152, OCS2010-33, pp. 51-55, 2010年7月.
資料番号 OCS2010-33 
発行日 2010-07-22 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-29 
開催地(和) ニューウェルシティ湯河原 
開催地(英) New Welcity Yugawara 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題,分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Dispersion compensating device, Optical signal processing, Optical measurement equipment, Digital signal processing for optical communication, optical communicaton measurement, LSI for optical communication, Error correction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2010-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 将来光ネットワークのための160Gb/s光16QAMの長距離伝送技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 160Gb/s 16-QAM long-haul transmission for future optical transport network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光通信 / Optical communication  
キーワード(2)(和/英) QAM / QAM  
キーワード(3)(和/英) 多値変調 / Multi-level modulation  
キーワード(4)(和/英) ディジタルコヒーレント受信 / Digital coherent detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 孝行 / Takayuki Kobayashi / コバヤシ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 明秀 / Akihide Sano / サノ アキヒデ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 浩一 / Koichi Ishihara / イシハラ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 英二 / Eiji Yoshida / ヨシダ エイジ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 裕 / Yutaka Miyamoto / ミヤモト ユタカ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 裕史 / Hirofumi Yamazaki / ヤマザキ ヒロシ
第6著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴 / Takashi Yamada / ヤマダ タカシ
第7著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTフォトニクス研究所 (略称: NTT)
NTT Photonics Laboratories (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 16:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2010-33 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.152 
ページ範囲 pp.51-55 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OCS-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会