電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 16:25
[パネル討論]ネットワーク研究者から見たGNU Radio
石原 進静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 高級言語を使ってソフトウェア無線システムの構築ができるGNU Radioおよび
USRPは,これまでシミュレータ頼みであったり,自由度の低い既存の無線シス
テムを使わざるを得ないために実証実験が困難であった無線ネットワークシス
テムの研究を大きく加速,進化させる力を持っている.近年では,アナログネ
ットワークコーディングや衝突で壊れたパケットの復元などの実装事例がACM
SIGCOMM,Mobicommなどで発表されているように,ネットワーク技術の上位レ
イヤの研究者達が積極的に物理層の技術にチャレンジし,革新的な技術を生み
出している.その一方で,上位レイヤの研究者にとっては無線物理層の技術に
関しては経験が少ないため,思うように研究活動が進まないことも多い.本パ
ネルでは,ネットワーク研究におけるGNU Radioの可能性と,筆者らの経験に
もとづく研究実施上の課題について紹介する. 
(英) One of the biggest problems in wireless network research has been the
difficulty of developing real-world network due to the developing cost
and low flexibility of low-cost existing wireless devices. GNU Radio
has a big impact on this research area. It helps us to develop our own
wireless system rapidly at low cost using high level language which is
familiar to upper layer network researchers. Recently novel
technologies such as analog network coding and a technique for
cancellation of interference on wireless LANs have been developed with
GNU Radio by upper layer researchers. On the other hand, the lack of
experience in physical layer technologies, network researchers often
run into problems. We discuss the potential of GNU Radio on wireless
network research area and some problems on research activities.
キーワード (和) GNU Radio / USRP / 無線マルチホップネットワーク / Opportunistic Routing / / / /  
(英) GNU Radio / USRP / Wireless multi-hop network / opportunistic routing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-24, pp. 49-49, 2010年7月.
資料番号 SR2010-24 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワーク研究者から見たGNU Radio 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GNU Radio: a network researcher's view 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GNU Radio / GNU Radio  
キーワード(2)(和/英) USRP / USRP  
キーワード(3)(和/英) 無線マルチホップネットワーク / Wireless multi-hop network  
キーワード(4)(和/英) Opportunistic Routing / opportunistic routing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 進 / Susumu Ishihara / イシハラ ススム
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 16:25:00 
発表時間 105 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-24 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 p.49 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会