電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-29 14:20
無線LANとBluetooth共存環境での高トラフィック時のリソース使用状況測定 ~ ISM帯における電波資源利用状況解明にむけて ~
塚本悟司宮坂朋宏矢野一人上羽正純ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ISM帯では多数の無線システムが運用されており,システム毎の自律分散的なチャネル配置や占有帯域幅の差異などにより周波数的にも時間的にも無駄が生じている.筆者らは,この既存システムでは使用できない空きリソースをダイナミックスペクトラムアクセス(DSA)により利用する通信システムを提案しており,その実現に向けては既存のシステムが高トラフィック状態で運用されている環境での利用可能な空きリソース状況の把握が必要である.
本稿では,IEEE 802.11bおよびBluetooth 1.2が共存し各リンクのスループットが飽和する高トラフィック状態とした時のリソース使用状況の測定実験を他の無線システムからの影響を排除するため電波暗室において行い,提案システムの通信に利用可能な空きリソースの存在と両システムの競合による空きリソースの増加を確認したのでこれを報告する. 
(英) In these days, many wireless systems are operating in ISM bands. There, many fragmented radio resources remain unused in time and frequency domains because they have different signal bandwidths, and they select their operating radio frequency channels autonomously and distributedly.
The authors have proposed a new wireless system based on dynamic spectrum access. Since it commences its communications over such unused (vacant) radio resources which cannot be utilized by legacy wireless systems, it is important to analyze how the unused radio resources exist when multiple legacy systems are operating with high traffic loads. This paper reports some measurement results of radio resources usage in an anechoic chamber when IEEE 802.11b wireless LAN and Bluetooth are operated with high traffic loads to saturate their throughput. Through the measurement results, it is confirmed that the coexistence of the two wireless systems increases unused radio resources due to interference and interaction between them.
キーワード (和) IEEE 802.11 / Bluetooth / ISM帯 / 周波数共用 / リソース測定 / / /  
(英) IEEE 802.11 / Bluetooth / ISM band / spectrum sharing / resource measurement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 153, SR2010-20, pp. 25-30, 2010年7月.
資料番号 SR2010-20 
発行日 2010-07-22 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2010-07-29 - 2010-07-30 
開催地(和) ATR (京都) 
開催地(英) ATR (Kyoto) 
テーマ(和) 技術展示,リコンフィギャブルハードウェア,一般 
テーマ(英) Technical Exihibition, Reconfigurable Hardware, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANとBluetooth共存環境での高トラフィック時のリソース使用状況測定 
サブタイトル(和) ISM帯における電波資源利用状況解明にむけて 
タイトル(英) Measurement of Radio Resource Utilization on High Traffic Conditions with Wireless LAN and Bluetooth Systems 
サブタイトル(英) Toward Analyzing Radio Resource Utilization in ISM Band 
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(2)(和/英) Bluetooth / Bluetooth  
キーワード(3)(和/英) ISM帯 / ISM band  
キーワード(4)(和/英) 周波数共用 / spectrum sharing  
キーワード(5)(和/英) リソース測定 / resource measurement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 悟司 / Satoshi Tsukamoto / ツカモト サトシ
第1著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 朋宏 / Tomohiro Miyasaka / ミヤサカ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 一人 / Kazuto Yano / ヤノ カズト
第3著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上羽 正純 / Masazumi Ueba / ウエバ マサズミ
第4著者 所属(和/英) ATR 波動工学研究所 (略称: ATR)
ATR Wave Engineering Laboratories (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-29 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2010-20 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.153 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2010-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会