お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-28 15:10
ドライバ状態における対光反射の特性検討
神道圭造山崎初夫中野倫明山本 新山田宗男名城大ITS2010-13
抄録 (和) 本研究は,運転前における安全運転の確保が困難なドライバ状態の検知を目的として瞳孔挙動に着目し,能動的な光刺激に対する瞳孔の対光反射特性について検討するものである.本稿では,安全運転の確保が困難な種々の状態のうち,先ずは飲酒状態と眠気状態を対象として検証を行い,その検知可能性について示す.対光反射特性における0.63散瞳時間および0.5縮瞳時間に基づくことで,両者の状態を弁別可能であることが確認された. 
(英) This paper describes a method for detecting if a driver can drive safely by measuring pupillary light reflex to active photic stimulus before he/she starts driving. First, we conducted some experiments on drunk and sober drivers, and confirmed that our index “63% dilation time” is effective to classify those drivers. Similarly, we confirmed that another index “half constriction time” is effective to classify sleepy and non-sleepy drivers. As the latter index is completely different from the previous one, our method may be able to discriminate drunk and sleepy drivers independently.
キーワード (和) ドライバ状態 / 瞳孔 / 対光反射 / 飲酒 / 眠気 / / /  
(英) Driver’s Conditons / Pupil / Pupillary Light Reflex / Drunk / Sleepiness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 150, ITS2010-13, pp. 43-48, 2010年7月.
資料番号 ITS2010-13 
発行日 2010-07-21 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2010-13

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2010-07-28 - 2010-07-28 
開催地(和) 愛知工科大学 
開催地(英) Aichi University of Technology 
テーマ(和) ITSポジショニング、一般 
テーマ(英) ITS Positioning, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2010-07-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドライバ状態における対光反射の特性検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Investigation on Pupillary Light Reflex Characteristics on each Driver's Condition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドライバ状態 / Driver’s Conditons  
キーワード(2)(和/英) 瞳孔 / Pupil  
キーワード(3)(和/英) 対光反射 / Pupillary Light Reflex  
キーワード(4)(和/英) 飲酒 / Drunk  
キーワード(5)(和/英) 眠気 / Sleepiness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神道 圭造 / Keizo Jindo / ジンドウ ケイゾウ
第1著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 初夫 / Hatsuo Yamazaki / ヤマサキ ハツオ
第2著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 倫明 / Tomoaki Nakano / ナカノ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 新 / Shin Yamamoto / ヤマモト シン
第4著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 宗男 / Muneo Yamada / ヤマダ ムネオ
第5著者 所属(和/英) 名城大学 (略称: 名城大)
Meijo University (略称: Meijyo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-28 15:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2010-13 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2010-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会