電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-27 10:30
追跡眼球運動関連機能におけるヒトMT/MST野の相違
山本哲也山本洋紀京大)・眞野博彰京大/明治国際医療大)・梅田雅宏田中忠蔵明治国際医療大)・河野憲二京大NC2010-31
抄録 (和) サルの2つの視運動関連脳領域であるMT/MST野は,異なる運動信号をコードしていると考えられている.このような両領域の機能的な相違がヒトにおいても見られるかどうかについては,まだ明らかにされていない.そこで,本研究では,運動するランダムドットで定義された扇形が周辺視野で回転する,新たな位相符号化刺激を用い,これまで単一の視運動関連領域として扱われてきたヒトMT+野を,レチノトピーに基づき,MT/MST野として同定した.その上で,これらの脳活動特性の違いを追跡眼球運動課題を用いて検証した.その結果,MT野の応答は網膜座標依存的な応答を示す一方,MST野は空間座標依存的な応答を示すことが明らかとなった. 
(英) It has been demonstrated that two motion-sensitive areas of monkeys, the middle temporal (MT) and medial superior temporal (MST) areas, code distinct motion signals. It remains, however, unclear whether such functional subdivisions also exist in the human middle temporal complex (MT+) or not. Thus, the present study subdivided human MT+ into MT and MST based on retinotopy, and then investigated cortical activity of MT and MST for visual motion stimuli in conjunction with pursuit eye movements using functional magnetic resonance imaging. Our results suggest that MT and MST code for retinal and external motion, respectively.
キーワード (和) 追跡眼球運動 / MT+野 / レチノトピー / 超解像技術 / 機能的MRI / / /  
(英) Pursuit Eye Movement / Middle Temporal Complex / Retinotopy / Super-Resolution Technique / fMRI / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 149, NC2010-31, pp. 13-18, 2010年7月.
資料番号 NC2010-31 
発行日 2010-07-20 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2010-31

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2010-07-27 - 2010-07-27 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto University 
テーマ(和) 脳活動の計測と解析,一般 
テーマ(英) Recording and analysis of neuronal activity, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-07-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 追跡眼球運動関連機能におけるヒトMT/MST野の相違 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Different Functions Between the Human Middle Temporal and Medial Superior Temporal Areas during Pursuit Eye Movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 追跡眼球運動 / Pursuit Eye Movement  
キーワード(2)(和/英) MT+野 / Middle Temporal Complex  
キーワード(3)(和/英) レチノトピー / Retinotopy  
キーワード(4)(和/英) 超解像技術 / Super-Resolution Technique  
キーワード(5)(和/英) 機能的MRI / fMRI  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲也 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 洋紀 / Hiroki Yamamoto / ヤマモト ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞野 博彰 / Hiroaki Mano / マノ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 京都大学/明治国際医療大学 (略称: 京大/明治国際医療大)
Kyoto University/Meiji University of Integrative Medicine (略称: Kyoto Univ./Meiji Univ. of Integrative Med.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅田 雅宏 / Masahiro Umeda / ウメダ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 明治国際医療大学 (略称: 明治国際医療大)
Meiji University of Integrative Medicine (略称: Meiji Univ. of Integrative Med.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 忠蔵 / Chuzo Tanaka / タナカ チュウゾウ
第5著者 所属(和/英) 明治国際医療大学 (略称: 明治国際医療大)
Meiji University of Integrative Medicine (略称: Meiji Univ. of Integrative Med.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 憲二 / Kenji Kawano / カワノ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-27 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2010-31 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2010-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会