お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-23 10:30
正帰還補償を用いて線形性を向上したGmアンプの設計手法とそのフィルタ設計への応用
下山佑介杉本泰博中大ICD2010-33 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2010-33
抄録 (和) 100nm以下のプロセスでは、低電圧下での動作が要求される。そのため、入力のダイナミックレンジが減少する。また、トランジスタの出力抵抗が低下するため、高利得のアンプが実現できない。つまり、高精度なアナログ回路を実現することが困難である。そこで、我々は正帰還補償を用いることで、回路の線形性を向上させることを提案する。2次ローパスフィルタを提案する手法で設計することで、高精度を実現できる。 
(英) In order to alleviate the design criteria such that the input dynamic range becomes small and that the amplifier gain can not be high because of the low output impedance of transistors in circuits in sub-100 nm LSI process, we propose the use of the positive feedback to enhance the linearity of circuits. The 2nd order low-pass filter was designed by adopting the scheme and realized the high-performance.
キーワード (和) Gmアンプ / 正帰還補償 / 出力抵抗 / / / / /  
(英) Gm amplifier / positive feedback / output impedance / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 140, ICD2010-33, pp. 73-78, 2010年7月.
資料番号 ICD2010-33 
発行日 2010-07-15 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICD2010-33 エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2010-33

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2010-07-22 - 2010-07-23 
開催地(和) 常翔学園大阪センター 
開催地(英) Josho Gakuen Osaka Center 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英) Analog, Mixed analog and digital, RF, and sensor interface circuitry 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2010-07-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正帰還補償を用いて線形性を向上したGmアンプの設計手法とそのフィルタ設計への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Design of a Highly Linearized Gm Amplifier by Adopting the Positive Feedback Compensation Scheme and its Application to High-Frequency Filters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Gmアンプ / Gm amplifier  
キーワード(2)(和/英) 正帰還補償 / positive feedback  
キーワード(3)(和/英) 出力抵抗 / output impedance  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下山 佑介 / Yusuke Shimoyama / シモヤマ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 泰博 / Yasuhiro Sugimoto / スギモト ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-23 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2010-33 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.140 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICD-2010-07-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会