お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-16 15:20
車載用プリント配線基板におけるFM帯平行2配線間クロストークのリターングラウンドサイズ依存性
飯田導平前野 剛デンソー)・藤原 修名工大EMCJ2010-38 EMD2010-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2010-23
抄録 (和) スリットつき共通グラウンドパターンを持つ車載プリント回路基板(PCB)からワイヤハーネスを経由して流出する伝導雑音電流が車載ラジオの妨害源となることはよく知られている.この種のPCBからの雑音電流の流出を抑制するために,筆者らは先に二つの平行な配線とスリット有無の異なるグラウンドパターンを持った簡易的な2層PCBから流出する雑音電流を測定し,グラウンドに配線と平行で端部がオープン状のスリットが伝導雑音電流を低減させることを明らかにした.本稿では,その時のFDTDシミュレーションを用いて,更に配線に平行で,グラウンドに個数と向きが異なりその総面積が同じであるスリットを設けた4種類の簡易2層PCBと配線に平行で異なる間隔幅でグラウンドを2分割した2種類の簡易2層PCBを用いて,平行2配線間のクロストーク低減特性について調べた.その結果,上記6種類のPCBのクロストーク雑音はグラウンドにスリットのないPCBに比べ6.9-8.5 dB低減することが分かり,このクロストーク低減の要因はリターングラウンドを含む平行2配線間の相互インダクタンスの低下によるものであろうという知見を得た.また,本事例の場合には各配線のリターングラウンドのサイズが小さい方がPCBからの流出雑音電流が小さいという設計者の常識に反する興味深い結果も得られた. 
(英) It is well known that electromagnetic disturbances in vehicle-mounted radios are mainly caused by conducted noise currents flowing through wiring-harnesses from vehicle-mounted printed circuit boards (PCBs) with common ground patterns containing slits. To suppress the noise currents outflow from PCBs of these kind, we previously measured noise currents outflow from simple two-layer PCBs having two parallel signal traces and different ground patterns with/without slits, which revealed that making slits with open ends on the ground patterns in parallel with the traces can reduce the conducted noise currents. In the present study, using FDTD simulation, we investigated reduction characteristics of the FM-band cross-talk noise levels between two parallel signal traces using four simple PCB models, with each PCB model having different ground patterns formed in different numbers but containing the same planar dimension slits parallel to the traces together with two simple PCB models which have different ground patterns divided into two parts parallel to the traces. As a result, we found that the cross-talk noise currents for the above six types of PCBs decrease by 6.9-8.5dB compared to the PCB which has a plain ground with no slit. From this study, we got the finding that the contributing factor for the above mentioned cross-talk reduction relies on the reduction of mutual inductance between the two parallel traces. In addition, in case of this study, it is interesting to note that the noise currents outflow from PCBs can rather be suppressed when the size of the return ground of each signal trace is small.
キーワード (和) 車載ラジオ妨害 / 簡易プリント回路基板 / スリット / 平行2配線 / クロストーク雑音 / / /  
(英) Electromagnetic disturbances in vehicle-mounted radios / simple printed circuit boards / slits / two parallel signal traces / cross-talk noise / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 132, EMCJ2010-38, pp. 37-42, 2010年7月.
資料番号 EMCJ2010-38 
発行日 2010-07-09 (EMCJ, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2010-38 EMD2010-23 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2010-23

研究会情報
研究会 EMCJ EMD  
開催期間 2010-07-16 - 2010-07-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 放電,実装,EMC,一般 
テーマ(英) Electric discharge, Packaging, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2010-07-EMCJ-EMD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載用プリント配線基板におけるFM帯平行2配線間クロストークのリターングラウンドサイズ依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Size Dependence of Return Ground Patterns on FM-Band Cross-Talks between Two Parallel Signal Traces on Printed Circuit Boards for Vehicles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 車載ラジオ妨害 / Electromagnetic disturbances in vehicle-mounted radios  
キーワード(2)(和/英) 簡易プリント回路基板 / simple printed circuit boards  
キーワード(3)(和/英) スリット / slits  
キーワード(4)(和/英) 平行2配線 / two parallel signal traces  
キーワード(5)(和/英) クロストーク雑音 / cross-talk noise  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 導平 / Michihira Iida / イイダ ミチヒラ
第1著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前野 剛 / Tsuyoshi Maeno / マエノ ツヨシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社デンソー (略称: デンソー)
DENSO CORPORATION (略称: DENSO Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara / フジワラ オサム
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学大学院 (略称: 名工大)
Graduate School of Engineering, Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-16 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2010-38,IEICE-EMD2010-23 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.132(EMCJ), no.133(EMD) 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2010-07-09,IEICE-EMD-2010-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会