電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-16 13:30
アドホックネットワークにおける送信速度のクロスレイヤ制御
山本 嶺早大)・三好 匠芝浦工大)・田中良明早大NS2010-45
抄録 (和) アドホックネットワークでは,移動する無線端末同士で自律分散的にネットワークを構築するため,ネットワークの状態を一元的に管理することが困難である.そのため,端末移動によるトポロジー変化によって特定の箇所に負荷が集中し,ネットワーク全体の公平性を損なう可能性がある.この問題に対し,ルーチングプロトコルに負荷分散機能を導入した手法が提案されているが,経路変更を行う必要があるため,負荷が短時間で変動する場合に対応することが困難である.本稿では,アドホックネットワークでの効率的な負荷分散を実現するため,クロスレイヤ制御を用いた送信速度の動的制御手法を提案する.提案手法では,経路上の負荷に応じて送信速度の上限値を動的に設定することにより,トラヒックの集中や衝突の発生を抑制して負荷分散を実現している.また,コンピュータシミュレーションを用いた性能評価により,提案手法の有用性を確認している. 
(英) In ad hoc networks, it is hard to unify the management of network state due to an autonomously decentralized manner for network construction mechanism by mobile terminals. Topological changes may increase the traffic load on a certain terminal or location, and thus that will degrade the fairness of the whole network. As concerns this problem, the methods that modify routing mechanisms to balance the traffic load have been proposed. However, they need extra control sequence for the route modi cation and hardly adapt to the environment where the traffic changes in a short period. In this paper, to balance the load efficiently in ad hoc networks, cross-layer transmission rate control method is proposed. The proposed method controls the transmission rate, by limiting the maximum, depending on the state of the transmission route, and thus avoids the concentrated traffic and collisions. The performance and efficiency of the proposed method is also clari ed by computer simulation.
キーワード (和) アドホックネットワーク / クロスレイヤ / 負荷分散 / ウィンドウ制御 / / / /  
(英) Ad hoc network / Cross layer / Load balancing / Window control / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 126, NS2010-45, pp. 41-46, 2010年7月.
資料番号 NS2010-45 
発行日 2010-07-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2010-45

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2010-07-15 - 2010-07-16 
開催地(和) 網走市民会館 
開催地(英) Abashiri Public Auditorium 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける送信速度のクロスレイヤ制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cross Layer Control of Transmission Rate for Ad Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc network  
キーワード(2)(和/英) クロスレイヤ / Cross layer  
キーワード(3)(和/英) 負荷分散 / Load balancing  
キーワード(4)(和/英) ウィンドウ制御 / Window control  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 匠 / Takumi Miyoshi / ミヨシ タクミ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-16 13:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-45 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.126 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会