電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-16 10:00
再送制御とスケジューリングを行うOFDMA上り回線におけるハイブリッド合成型マルチユーザ検出
宗 秀哉府川和彦須山 聡鈴木 博東工大
抄録 (和) 移動通信の上り回線において,スケジューリング制御により複数パケットを同一リソース・ブロック (RB) に多重する OFDMA パケット伝送を考え,再送時においてメトリックとビット対数尤度比 (LLR) を用いてパケットを合成するハイブリッド合成型マルチユーザ検出 (HC-MUD) を提案する.複数パケットを同一 RB に多重するパケット伝送において,MUD でパケット分離を行い,再送時には受信信号とレプリカ信号との 2 乗ユークリッド距離であるメトリックを用いてパケットを合成するメトリック合成型 MUD (MC-MUD) が提案されている.MC-MUD は全てのパケットが正しく受信されるまで同一パケットを再送する必要があるため,高 CNR 領域においてスループットが低下する.一方,スループット向上のため,ビット LLR を用いてパケットを合成する LLR 合成型 MUD (LC-MUD) が提案されているが,低 CNR 領域においては MC-MUD より伝送特性が劣化する.これらの問題を解決するため,HC-MUD は再送時に同一パケットをメトリックで合成することで MC-MUD と同等の伝送特性を実現しつつ,あるパケットが正常受信されたときには新たなパケットをさらに多重し,ビット LLR で合成することでスループット特性を改善する.計算機シミュレーションによりスケジューリング制御を適用した HC-MUD の評価を行い,MC-MUD と LC-MUD の欠点を克服し,優れたスループット特性を実現できることを明らかにする. 
(英) This report considers uplink OFDMA packet mobile communications that multiplex plural packets within the same resource block (RB) by scheduling control, and proposes hybrid combining multiuser detection (HC-MUD) that combines retransmitted packets by using metric and bit log-likelihood ratio (LLR) for the systems. In the packet transmission multiplexing plural packets within the same RB, the metric combining MUD (MC-MUD) has been proposed. MC-MUD separates multiplexed packets by MUD, and combines retransmitted packets by using the metric, that is the squared Euclid distance between the received signal and its replica. Since MC-MUD needs to retransmit the same packets until all the packets are correctly received, its throughput performance degrades in the high CNR region. To improve the throughput furthermore, LLR combining MUD (LC-MUD) that combines retransmitted packets by using the bit LLR has been proposed. However, the transmission performance of LC-MUD is worse than that of MC-MUD in the low CNR region. To solve such problems of MC-MUD and LC-MUD, HC-MUD combines the same packets by using the metric and can achieve almost the same transmission performance as that of MC-MUD. Moreover, when some packets are correctly received, HC-MUD permits new packets to be multiplexed, and thus can improve the throughput by combining with the bit LLR. Computer simulations evaluate HC-MUD with the scheduling control, and demonstrate that HC-MUD can overcome the drawbacks of MC-MUD and LC-MUD, which leads to excellent throughput performance.
キーワード (和) 移動通信 / OFDMA / パケット伝送 / マルチユーザ検出 / 再送 / / /  
(英) Mobile communications / OFDMA / packet transmission / multiuser detection / retransmission / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 127, RCS2010-65, pp. 101-106, 2010年7月.
資料番号 RCS2010-65 
発行日 2010-07-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2010-07-15 - 2010-07-16 
開催地(和) 網走市民会館 
開催地(英) Abashiri Public Auditorium 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再送制御とスケジューリングを行うOFDMA上り回線におけるハイブリッド合成型マルチユーザ検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hybrid Combining Multiuser Detection for Uplink OFDMA Systems with Retransmission Control and Scheduling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communications  
キーワード(2)(和/英) OFDMA / OFDMA  
キーワード(3)(和/英) パケット伝送 / packet transmission  
キーワード(4)(和/英) マルチユーザ検出 / multiuser detection  
キーワード(5)(和/英) 再送 / retransmission  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗 秀哉 / Hideya So / ソウ ヒデヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-16 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-65 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.127 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会