電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-16 11:50
STBCを用いたマルチホップ協力通信の市街地伝送実験結果
村田英一山本高至吉田 進京大
抄録 (和) マルチホップ無線通信の各中継において複数の中継局を利用する協力中継では,分散したMIMO伝送を行うことによる伝送特性改善が可能である.この中継方式では,少数の送受信アンテナしか持たない無線局であっても中継局数に応じて通信品質や伝送容量を改善できる.これまで,主に理論計算や計算機シミュレーションによってこれらの改善効果が示されている.本稿では実際の伝搬路での伝送実験実施に向けて試作したSTBCを利用した協力中継装置の構成と基礎伝送特性について述べた後,京都大学周辺において実施した市街地フィールド実験結果を報告する.この伝送実験では,パケット毎に中継方式を切り替える制御によって3種類の中継方式の伝送特性をほぼ同時に取得している.実験結果から,協力中継による伝送特性改善効果が明らかにされている. 
(英) In multi-hop cooperative communications, multiple relay stations are employed at each hop in order to enhance its transmission performance. The performance of multi-hop cooperative networks is well investigated by conducting computer simulations. Transceivers for multi-hop cooperative communications using space-time block code are developed in order to evaluate the transmission performance in real propagation channels. In this paper, field experiments of multi-hop cooperative communications are conducted with these equipment. The transceivers are implemented on a field programmable gate array, which perform real-time signal processing. Synchronization of timing and carrier frequency among wireless stations is established on the basis of the received signals. The transmission performance of cooperative communications is compared to the performance of non-cooperative multi-hop communications using either of relay stations. The performance of all the relay schemes are measured quasi-simultaneously. The performance is evaluated in terms of the cumulative distribution function (CDF) of the BER.
キーワード (和) マルチホップ通信 / 協力中継 / 時空符号 / フィールド実験 / FPGA / / /  
(英) Multi-hop communications / cooperative relaying / space-time block code / STBC / field trial / field programmable gate array / FPGA /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 127, RCS2010-70, pp. 131-136, 2010年7月.
資料番号 RCS2010-70 
発行日 2010-07-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2010-07-15 - 2010-07-16 
開催地(和) 網走市民会館 
開催地(英) Abashiri Public Auditorium 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) STBCを用いたマルチホップ協力通信の市街地伝送実験結果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Packet Transmission Experiments of STBC-based Multi-hop Cooperative Relaying 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ通信 / Multi-hop communications  
キーワード(2)(和/英) 協力中継 / cooperative relaying  
キーワード(3)(和/英) 時空符号 / space-time block code  
キーワード(4)(和/英) フィールド実験 / STBC  
キーワード(5)(和/英) FPGA / field trial  
キーワード(6)(和/英) / field programmable gate array  
キーワード(7)(和/英) / FPGA  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ムラタ ヒデカズ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 高至 / Koji Yamamoto / ヤマモト コウジ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 進 / Susumu Yoshida / ヨシダ ススム
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-16 11:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-70 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.127 
ページ範囲 pp.131-136 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会