電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-15 09:20
可変符号長ターボ符号のための簡易なインタリーバ構成法
榎園 健落合秀樹横浜国大
抄録 (和) 近年の無線通信システムでは、アプリケーションに応じてフレーム長を可変にする構造を有している。このような環境では、一般にフレーム長に応じて符号長の異なる複数の誤り訂正符号を用意する必要がある。シャノン限界に近接する誤り訂正符号としてターボ符号が広く実用化されているが、ターボ符号におけるインタリーバ構成はビット誤り率(BER)やエラーフロア低減において重要な要素の一つである。優れた特性を示すインタリーバの一つに$S$-randomインタリーバがあるが、符号長が長くなるに従い優れたパターンの探索に大きな時間を要し、また符号長に応じていくつものインタリーバを用意する必要がある。本稿では、シンプルかつ高速に構成することが可能であり、またプルーニングにより優れた性能を維持したまま必要なサイズを柔軟に得ることができるblock-randomインタリーバを提案し、その解析と適用効果を示す。 
(英) In recent wireless standards, variable frame length turbo codes are used.Bit error rate (BER) and frame error rate (FER) of turbo code are largely determined by the interleaver structure. One of the good interleavers commonly considered in the literature is $S$-random interleaver. However, finding longer length interleaver with good spreading property is time-consuming and storage of multiple interleavers is necessary in order to meet a variable frame-length requirement. In this paper, we propose a new interleaver referred to as {\em block-random interleaver} which can be constructed with lower computation and has a higher flexibility in terms of frame length and performance.
キーワード (和) ターボ符号 / インタリーバ / プルーニング / エラーフロア / / / /  
(英) Turbo codes / Interleaver / Pruning / Error-floor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 127, RCS2010-48, pp. 1-6, 2010年7月.
資料番号 RCS2010-48 
発行日 2010-07-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2010-07-15 - 2010-07-16 
開催地(和) 網走市民会館 
開催地(英) Abashiri Public Auditorium 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変符号長ターボ符号のための簡易なインタリーバ構成法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Simple Interleaver Design for Variable-Length Turbo Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ターボ符号 / Turbo codes  
キーワード(2)(和/英) インタリーバ / Interleaver  
キーワード(3)(和/英) プルーニング / Pruning  
キーワード(4)(和/英) エラーフロア / Error-floor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎園 健 / Ken Enokizono / エノキゾノ ケン
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 秀樹 / Hideki Ochiai / オチアイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-15 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2010-48 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.127 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会