電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-15 16:10
ルータの省電力化に向けた性能予測技術の検討
山田雅毅日高 稔矢崎武己・○石川有一日立
抄録 (和) ネットワーク機器の総消費電力の増加に伴い,ルータの省電力化が求められている.我々はルータの省電力化手法として,ルータの転送性能をトラフィック量に最適な値に変更するルータの性能制御を提案し,研究開発を進めている.本制御においては,転送性能不足に起因する通信品質劣化を抑止しつつ,省電力効果を最大とするルータの転送性能予測が課題となる.本稿では,長期的なトラフィックの計測結果を元に予測を行う長期変動対応アルゴリズムと,ルータ内部のキューのパケット蓄積量などのリアルタイムな情報に基づいて転送性能を予測する短期変動対応アルゴリズムの比較を行った。その結果,バースト性の強い環境では短期変動対応アルゴリズムが,
同一の通信品質を実現しつつ,長期変動対応アルゴリズムに対して33%の転送性能を低減できることが分かった.
さらに,短期変動対応アルゴリズムにおいて,転送性能の判定から,転送性能が切り替わるまでの切替遅延時間の影響を評価した結果,この遅延時間がパケットの廃棄率等の通信品質に影響を与えることが分かった. 
(英) According to the increasing power consumption of network equipment, a demand for reducing the power consumption of network routers exists. We suggest a power saving method by controlling the performance of the router to a suitable amount by referring the amount of received network traffic. The assignment of our method is to take balance between preventing the lack of quality of service and improving the efficiency of power saving. In this study, we have evaluated two algorithms by using real measured traffic. One algorithm is the long term fluctuation algorithm, which predicts the suitable performance by measured traffic over a past month. The other algorithm is the short term fluctuation feedback algorithm, which enables a real-time performance prediction according to the parameters measured inside the router, such as the amount of packets held inside the buffer of the router. As a result of the evaluation, a router adopting the short term fluctuation feedback algorithm was successful in reducing 33% more forwarding performance compared to a router adopting the burst detecting algorithm. We also evaluated the effect of the delay time of the forwarding performance to actually change since the suitable performance is detected, and met a conclusion that the delay time effects over the drop rate and the delay time of the packets been forwarded by the router.
キーワード (和) 動的性能制御 / 省電力化 / トラフィックモニタリング / トラフィック予測方式 / / / /  
(英) Dynamic performance control / Power saving / Traffic monitoring / Traffic Prediction methods / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 126, NS2010-41, pp. 17-22, 2010年7月.
資料番号 NS2010-41 
発行日 2010-07-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2010-07-15 - 2010-07-16 
開催地(和) 網走市民会館 
開催地(英) Abashiri Public Auditorium 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ルータの省電力化に向けた性能予測技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research of Performance Predictin Technology for Power Saving Routers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的性能制御 / Dynamic performance control  
キーワード(2)(和/英) 省電力化 / Power saving  
キーワード(3)(和/英) トラフィックモニタリング / Traffic monitoring  
キーワード(4)(和/英) トラフィック予測方式 / Traffic Prediction methods  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 雅毅 / Masaki Yamada / ヤマダ マサキ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 日高 稔 / Minoru Hidaka / ヒダカ ミノル
第2著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢崎 武己 / Takeki Yazaki / ヤザキ タケキ
第3著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 有一 / Yuichi Ishikawa / イシカワ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Ltd. (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-15 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2010-41 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.126 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会