お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-15 13:25
IPデータ通信用フェムトセルを活用したローカルブレイクアウト方式の提案と評価
千葉恒彦伊藤 学横田英俊KDDI研)・宮永喜一北大MoMuC2010-19
抄録 (和) 移動体ネットワークにおいて,数十メートル程度の小さいエリアをカバーするフェムトセルが注目されている.標準方式では,データ通信用のフェムトセルをインターネットなどの公衆網に接続する場合,通信の秘匿性を確保するためにフェムトセルとセキュリティゲートウェイ間に確立したIPSecトンネルを経由してすべてのデータを送受信する.よって,自宅のサーバやインターネットへ接続する場合には,一旦通信事業者のモバイルコアネットワークを経由することとなる.その結果,経路の冗長化が発生し,モバイルコアネットワークの負荷が増加してしまう.本稿では,フェムトセルにてIPレイヤを終端し,柔軟な経路制御を可能とするローカルブレイクアウト方式を提案するとともに1xEV-DOのフェムトセルを用いた実装評価により,その有効性を示す. 
(英) Recently, femtocells, which cover a cell area of several tens of meters, have been attracting considerable attention in the field of mobile data communications. In the standard method, when a femtocell for data communication is connected through a public network such as a broadband access network or the Internet, an IPSec tunnel is established between the femtocell and the security gateway located in the mobile core network and all the data are exchanged over that tunnel for secure communication. Therefore, when access terminals communicate with home servers or the Internet using femtocells, communication data are sent back after transferring them to the mobile core network through the security gateway. As a result, the routing path becomes redundant and the load on the mobile core network also becomes high. In this paper, we propose local breakout methods which terminate the IP layer and set a flexible routing table on the femtocell based on the operator’s policy. The proposed methods are then evaluated using 1xEV-DO femtocell product.
キーワード (和) フェムトセル / ローカルブレイクアウト / 経路最適化 / ローカル通信 / / / /  
(英) Femtocell / Local breakout / Route optimization / Local communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, 2010年7月.
資料番号  
発行日 2010-07-08 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2010-19

研究会情報
研究会 IPSJ-AVM MoNA  
開催期間 2010-07-15 - 2010-07-16 
開催地(和) 北海道大学工学部 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 無線PAN,IPTV,画像符号化,ストリーム技術および一般 
テーマ(英) Wireless PAN, IPTV, Picture/Video Encoding, Streaming technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2010-07-AVM-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IPデータ通信用フェムトセルを活用したローカルブレイクアウト方式の提案と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal and Evaluation of Local Breakout Method using Femtocell for IP Data Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フェムトセル / Femtocell  
キーワード(2)(和/英) ローカルブレイクアウト / Local breakout  
キーワード(3)(和/英) 経路最適化 / Route optimization  
キーワード(4)(和/英) ローカル通信 / Local communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 恒彦 / Tsunehiko Chiba / チバ ツネヒコ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 学 / Manabu Ito / イトウ マナブ
第2著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 英俊 / Hidetoshi Yokota / ヨコタ ヒデトシ
第3著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮永 喜一 / Yoshikazu Miyanaga / ミヤナガ ヨシカズ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-15 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2010-19 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.128 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2010-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会