お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-12 14:55
フェムト秒ポンププローブ法を利用したシロール誘導体-フルオレンポリマー混合膜の過渡吸収特性
福田武司小林諒平鎌田憲彦幡野 健埼玉大)・古部昭広産総研EID2010-4 OME2010-39 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2010-4 OME2010-39
抄録 (和) フルオレンポリマー(F8BT)と1,1-dimethyl-2,5-bis(N,N-dimethylaminophenyl)-3,4-diphenylsilole (NMe2-silole)を混合した有機薄膜を利用した光電変換素子では高い外部量子効率が実現している。NMe2-silole添加によって光電変換効率が向上したメカニズムを評価するために、フェムト秒ポンプ-プローブ法を用いて3440nmにおける過渡吸収特性を測定した。NMe2-siloleの添加で500psから1000psの吸収変化量が増加する傾向が得られた。この過渡吸収成分は光励起キャリアの長寿命成分を示しており、NMe2-siloleの添加でF8BT中のキャリア分離効率が向上することが示唆された。その結果、デバイスの光電変換効率の向上が高い電荷分離効率によるものであることが分かった。 
(英) We reported an improved photoconductive characteristics by doping 1,1-dimethyl-2,5-bis(N,N- dimethylaminophenyl)-3,4-diphenylsilole (NMe2-silole) into poly(dioctylfluorenyl-co-benzo-thiadiazole) (F8BT). In this report, we investigated transient absorption characteristics at 3440 nm to estimate the mechanism of the improved photoconductive characteristics. By adding NMe2-silole, the long-lived optical density change between 500 to 1000 ps was increased. This result indicates the high carrier dislocation efficiency caused high device performances because the long-lived optical density change relates the amount of photo-excited carriers in an organic layer.
キーワード (和) 波長選択型有機光電変換素子 / フェムト秒ポンプ-プローブ法 / 過渡吸収特性 / シロール誘導体 / フルオレンポリマー / ウエットプロセス / /  
(英) Femtosecond pump-probe technique / Transient absorption characteristics / Color selective organic photoconductive device / Silole derivative / Fluorene polymer / Wet-process / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 124, OME2010-39, pp. 15-18, 2010年7月.
資料番号 OME2010-39 
発行日 2010-07-05 (EID, OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2010-4 OME2010-39 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2010-4 OME2010-39

研究会情報
研究会 OME EID ITE-IDY  
開催期間 2010-07-12 - 2010-07-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) フレキシブルエレクトロニクス 
テーマ(英) Flexible Electronics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2010-07-OME-EID-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フェムト秒ポンププローブ法を利用したシロール誘導体-フルオレンポリマー混合膜の過渡吸収特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transient absorption characteristics of silole derivative doped fluorene polymer fixed film 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 波長選択型有機光電変換素子 / Femtosecond pump-probe technique  
キーワード(2)(和/英) フェムト秒ポンプ-プローブ法 / Transient absorption characteristics  
キーワード(3)(和/英) 過渡吸収特性 / Color selective organic photoconductive device  
キーワード(4)(和/英) シロール誘導体 / Silole derivative  
キーワード(5)(和/英) フルオレンポリマー / Fluorene polymer  
キーワード(6)(和/英) ウエットプロセス / Wet-process  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 武司 / Takeshi Fukuda / フクダ タケシ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 諒平 / Ryohei Kobayashi / コバヤシ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 憲彦 / Norihiko Kamata / カマタ ノリヒコ
第3著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 幡野 健 / Ken Hatano / ハタノ ケン
第4著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 古部 昭広 / Akihiro Furube / フルベ アキヒロ
第5著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-12 14:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-EID2010-4,IEICE-OME2010-39 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.123(EID), no.124(OME) 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2010-07-05,IEICE-OME-2010-07-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会