お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-07-09 13:15
Liver extraction based on blood vessel using multislice CT datasets
Ahmed S. MakladMikio MatsuhiroYoshiki KawataNoboru NikiToru UtsunomiyaMitsuo ShimadaHiromu NishitaniUniversity of TokushimaMI2010-41
抄録 (和) At liver transplantation planning stage, liver volumetry extraction would be helpful for surgeons. The main problem at liver extraction is wide variability of anatomic structures of liver in shape and size. To overcome that problem, we propose a method based on hepatic blood vessel as it defers from a person to another as well. In this method we used CT datasets at portal venous phase to extract portal and hepatic veins. Then we construct polyhedron structure of liver using endpoints of extracted vessels. Then, we extended that region based on liver map and volume of extracted region during dilation.To stop dilation, we draw tree structure of increased area. when it changes direction from increasing to decreasing, that time we stop dilation to get final liver shape. Results of that method agree with manual labeling done by an expert and reviewed by a medical doctor at rate 97.04%. This method seems promising to extract various liver shapes and sizes. 
(英) At liver transplantation planning stage, liver volumetry extraction would be helpful for surgeons. The main problem at liver extraction is wide variability of anatomic structures of liver in shape and size. To overcome that problem, we propose a method based on hepatic blood vessel as it defers from a person to another as well. In this method we used CT datasets at portal venous phase to extract portal and hepatic veins. Then we construct polyhedron structure of liver using endpoints of extracted vessels. Then, we extended that region based on liver map and volume of extracted region during dilation.To stop dilation, we draw tree structure of increased area. when it changes direction from increasing to decreasing, that time we stop dilation to get final liver shape. Results of that method agree with manual labeling done by an expert and reviewed by a medical doctor at rate 97.04%. This method seems promising to extract various liver shapes and sizes.
キーワード (和) Liver / transplantation / volumetry / blood vessel / extraction / CT datasets / /  
(英) Liver / transplantation / volumetry / blood vessel / extraction / CT datasets / /  
文献情報 信学技報, vol. 110, no. 121, MI2010-41, pp. 21-26, 2010年7月.
資料番号 MI2010-41 
発行日 2010-07-02 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2010-41

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-07-09 - 2010-07-09 
開催地(和) 徳島大学工業会館 
開催地(英) Tokusima Univ. Kogyo-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) general medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-07-MI 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Liver extraction based on blood vessel using multislice CT datasets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Liver / Liver  
キーワード(2)(和/英) transplantation / transplantation  
キーワード(3)(和/英) volumetry / volumetry  
キーワード(4)(和/英) blood vessel / blood vessel  
キーワード(5)(和/英) extraction / extraction  
キーワード(6)(和/英) CT datasets / CT datasets  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) アハマッド マクレッド / Ahmed S. Maklad / アハマッド マクレッド
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松廣 幹雄 / Mikio Matsuhiro / マツヒロ ミキオ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河田 芳樹 / Yoshiki Kawata / カワタ ヨシキ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 仁木 登 / Noboru Niki / ニキ ノボル
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Utsunomiya Toru / Toru Utsunomiya / Utsunomiya Toru
第5著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 光生 / Mitsuo Shimada / シマダ ミツオ
第6著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 西谷 弘 / Hiromu Nishitani / ニシタニ ヒロム
第7著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
University of Tokushima (略称: University of Tokushima)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-07-09 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2010-41 
巻番号(vol) IEICE-110 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2010-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会